『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作が8月に日本公開

トム・クルーズの主演映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作が8月7日に公開されることがわかった。

2011年公開の前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』に続く、シリーズ第5弾作品となる同作。スパイ組織「IMF」の敏腕エージェントである主人公イーサン・ハントを演じるクルーズ、ベンジー・ダン役のサイモン・ペグ、ウィリアム・ブラント役のジェレミー・レナーに加え、新キャストであるCIAのボス役のアレック・ボールドウィン、ヒロインのレベッカ・ファーガソンが出演する。

メガホンをとるのは、『ユージュアル・サスペクツ』で『アカデミー賞』脚本賞を受賞したほか、共同脚本を手掛けた『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、監督作『アウトロー』などで知られるクリストファー・マッカリー。脚本は、マッカリーと、『アイアンマン3』『パシフィック・リム』などの脚本に参加しているドリュー・ピアース、テレビゲーム業界出身のウィル・ステープルが共同で手掛けている。なお、同作のタイトルやストーリーなどの詳細は現時点では明らかにされていない。

作品情報

『ミッション:インポッシブル』第5弾

2015年8月7日(金)から全国で公開
監督:クリストファー・マッカリー
脚本:クリストファー・マッカリー、ドリュー・ピアース、ウィル・ステープル
出演:
トム・クルーズ
サイモン・ペグ
ジェレミー・レナー
アレック・ボールドウィン
レベッカ・ファーガソン
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作が8月に日本公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて