ニュース

無機物を使った作品と「身体」を考察するN・ケティング展、舞台空間のような会場構成

ナイル・ケティングの個展『Hard In Organics』が、4月11日から東京・白金高輪の山本現代で開催される。

1989年生まれのナイル・ケティングは、「感知」「感覚」を意味する「センシング」というテーマを中心に、映像、インスタレーション、サウンドアート、パフォーマンスなど幅広い作品を発表しているアーティスト。昨年の『アートフェア東京』で日本での初個展となる『ESSE』を開催した。また、学生時代から勅使河原三郎に師事してパフォーマンスを始め、現在はベルリンを拠点に振付家コンスタンツァ・マクラスが率いるダンスカンパニー「ドーキーパーク」でダンサーとしても活動しており、創作活動を通して無機物を多用した作品と「身体」というキーワードを平行して考察している。

『Hard In Organics』展では、新作の映像作品を中心に、圧電素子、ピエゾフィルムシート、クリスタルなどで制作された作品を展示する。約12分間の新作映像作品『Deep Signals』は、ケティングに多大な影響を与えているイタリアの哲学者、美学者のマリオ・ペルニオーラの著書『無機的なもののセックス・アピール』の「衣服としての身体」にインスピレーションを受けて制作されたもの。また、スピーカーの原理を発見した発明家のピエール・キュリーが妻のマリーに宛てたラブレターをモチーフにした作品や、2層のアクリル板の間に水晶が挟まれている譜面台状の作品、圧電素子を連結させた音響彫刻、水晶の結晶群のインスタレーションなどが展示され、会場内が1つの舞台空間のように構成されるという。

なお、初日の4月11日にはオープニングレセプションとケティングによるパフォーマンスを開催。会期中は、アーティストを交えたトークセッションを予定している。

イベント情報

ナイル・ケティング
『Hard In Organics』

2015年4月11日(土)~5月16日(土)
会場:東京都 白金高輪 山本現代
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

オープニングレセプション&パフォーマンス
2015年4月11日(土)18:00~20:00
会場:東京都 白金高輪 山本現代

『Deep Signals』 2015 ビデオ ©ナイル・ケティング
『Deep Signals』 2015 ビデオ ©ナイル・ケティング
『Movement』 2015 牛革 H70×W76cm ©ナイル・ケティング
『Movement』 2015 牛革 H70×W76cm ©ナイル・ケティング
『Deep Signals』 2015 ビデオ©ナイル・ケティング
『Deep Signals』 2015 ビデオ©ナイル・ケティング
『Deep Signals』 2015 ビデオ©ナイル・ケティング
『Deep Signals』 2015 ビデオ©ナイル・ケティング
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進