菅付雅信とセミトラ田中良治が贈る、編集者のためのブランド「EDITORS REPUBLIC」

エディターのためのプロダクトブランド「EDITORS REPUBLIC」が発表された。

『コンポジット』などの編集長を務めた編集者の菅付雅信と、デザイナーの田中良治(Semitransparent Design)がタッグを組んだEDITORS REPUBLICは、クリエイターが使用することを想定したブランド。仕事に必要な機能性や耐久性を優先しながら、プライベートでも使用できるデザイン性を兼ね備えた製品作りを目指して設立された。

製品ラインナップは、台割をデザインしたレポートパッド「DAIWARI NOTE」、書いた文字の読みやすさに配慮して1mm方眼を採用し、表紙には特殊紙を使用したノート「NOTEBOOK A6」、A6と同様のデザインと材質に加えて、2穴リングを取り付けた「NOTEBOOK A5」、3サイズで展開する6号パラフィン帆布使用のトートバッグ「EDITORS BAG」。

取り扱いはDELFONICSの各店舗や青山ブックセンターなど、全国の文具店で順次スタートする。


EDITORS REPUBLIC
EDITORS BAG L(BLACK)

価格:15,984円(税込)
編集者が考えた「エディターズバッグ」

CINRA STOREで購入する

EDITORS REPUBLIC
EDITORS BAG M(OLIVE)

価格:10,584円(税込)
編集者が考えた「エディターズバッグ」

CINRA STOREで購入する

EDITORS REPUBLIC
台割ノート

価格:929円(税込)
編集者が考えた「台割ノート」

CINRA STOREで購入する

EDITORS REPUBLIC
ノートブック A5(BLACK)

価格:605円(税込)
編集者の考えた「ノートブック」

CINRA STOREで購入する

  • HOME
  • Life&Society
  • 菅付雅信とセミトラ田中良治が贈る、編集者のためのブランド「EDITORS REPUBLIC」

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて