ニュース

菅付雅信とセミトラ田中良治が贈る、編集者のためのブランド「EDITORS REPUBLIC」

エディターのためのプロダクトブランド「EDITORS REPUBLIC」が発表された。

『コンポジット』などの編集長を務めた編集者の菅付雅信と、デザイナーの田中良治(Semitransparent Design)がタッグを組んだEDITORS REPUBLICは、クリエイターが使用することを想定したブランド。仕事に必要な機能性や耐久性を優先しながら、プライベートでも使用できるデザイン性を兼ね備えた製品作りを目指して設立された。

製品ラインナップは、台割をデザインしたレポートパッド「DAIWARI NOTE」、書いた文字の読みやすさに配慮して1mm方眼を採用し、表紙には特殊紙を使用したノート「NOTEBOOK A6」、A6と同様のデザインと材質に加えて、2穴リングを取り付けた「NOTEBOOK A5」、3サイズで展開する6号パラフィン帆布使用のトートバッグ「EDITORS BAG」。

取り扱いはDELFONICSの各店舗や青山ブックセンターなど、全国の文具店で順次スタートする。


EDITORS REPUBLIC
EDITORS BAG L(BLACK)

価格:15,984円(税込)
編集者が考えた「エディターズバッグ」

CINRA STOREで購入する

EDITORS REPUBLIC
EDITORS BAG M(OLIVE)

価格:10,584円(税込)
編集者が考えた「エディターズバッグ」

CINRA STOREで購入する

EDITORS REPUBLIC
台割ノート

価格:929円(税込)
編集者が考えた「台割ノート」

CINRA STOREで購入する

EDITORS REPUBLIC
ノートブック A5(BLACK)

価格:605円(税込)
編集者の考えた「ノートブック」

CINRA STOREで購入する

EDITORS BAG
EDITORS BAG
EDITORS BAG(BLACK)
EDITORS BAG(BLACK)
EDITORS BAG(OLIVE)
EDITORS BAG(OLIVE)
DAIWARI NOTE、NOTEBOOK A6、NOTEBOOK A5
DAIWARI NOTE、NOTEBOOK A6、NOTEBOOK A5
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄