ニュース

アメリカ抽象表現主義を代表するバーネット・ニューマンの連作15点をアジア圏初公開

『バーネット・ニューマン 十字架の道行き』展が、6月7日まで滋賀・甲賀のMIHO MUSEUMで開催されている。

バーネット・ニューマンはアメリカ出身の20世紀を代表する画家のひとり。表面上の技巧ではなく内なるものに芸術の本質を求めたニューマンは、ウィレム・デ・クーニング、マーク・ロスコ、ジャクソン・ポロックらとともにアメリカ抽象表現主義の中心的存在として知られている。

同展では、ニューマンが1958年から8年間の歳月を費やして描いた連作『十字架の道行き』14点および1960年代の作品『存在せよ II』1点、計15点を展示。「十字架の道行き」は、イエス・キリストの受難を14の場面で表すキリスト教美術の伝統的な主題だが、ニューマンの作品では、同作の副題でもあり、キリストの最期の言葉とされる「なんぞ我を見捨てたもう」という意味の「レマ・サバクタニ」が真のテーマになっているという。

なお、『十字架の道行き』と『存在せよ II』はワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されており、同美術館とMIHO MUSEUMの設計がともに建築家I.M.ペイによるものであることから、今回アジアで初展示されることになったという。3月21日と4月25日には関連イベントとして講演会が行われる。


イベント情報

『バーネット・ニューマン 十字架の道行き』

2015年3月14日(土)~6月7日(日)
会場:滋賀県 甲賀 MIHO MUSEUM
時間:10:00~17:00(入館は16:00まで)
休館日:月曜(5月4日は開館)、5月7日
料金:一般1,100円 高大生800円 小中生300円

講演会
『出来事の詩学』

2015年3月21日(土・祝)14:00~
会場:滋賀県 甲賀 MIHO MUSEUM 南レクチャーホール
講演:三松幸雄(明治大学、多摩美術大学兼任講師)
定員:100名(先着順)

講演会
『バーネット・ニューマンの〈十字架の道行き〉(仮題)』

2015年4月25日(土)14:00~
会場:滋賀県 甲賀 MIHO MUSEUM 南レクチャーホール
講演:大島徹也(愛知県美術館主任学芸員)
定員:100名(先着順)

バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第1留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第1留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第2留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第2留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第3留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第3留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第4留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第4留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進