ニュース

アメリカ抽象表現主義を代表するバーネット・ニューマンの連作15点をアジア圏初公開

『バーネット・ニューマン 十字架の道行き』展が、6月7日まで滋賀・甲賀のMIHO MUSEUMで開催されている。

バーネット・ニューマンはアメリカ出身の20世紀を代表する画家のひとり。表面上の技巧ではなく内なるものに芸術の本質を求めたニューマンは、ウィレム・デ・クーニング、マーク・ロスコ、ジャクソン・ポロックらとともにアメリカ抽象表現主義の中心的存在として知られている。

同展では、ニューマンが1958年から8年間の歳月を費やして描いた連作『十字架の道行き』14点および1960年代の作品『存在せよ II』1点、計15点を展示。「十字架の道行き」は、イエス・キリストの受難を14の場面で表すキリスト教美術の伝統的な主題だが、ニューマンの作品では、同作の副題でもあり、キリストの最期の言葉とされる「なんぞ我を見捨てたもう」という意味の「レマ・サバクタニ」が真のテーマになっているという。

なお、『十字架の道行き』と『存在せよ II』はワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されており、同美術館とMIHO MUSEUMの設計がともに建築家I.M.ペイによるものであることから、今回アジアで初展示されることになったという。3月21日と4月25日には関連イベントとして講演会が行われる。


イベント情報

『バーネット・ニューマン 十字架の道行き』

2015年3月14日(土)~6月7日(日)
会場:滋賀県 甲賀 MIHO MUSEUM
時間:10:00~17:00(入館は16:00まで)
休館日:月曜(5月4日は開館)、5月7日
料金:一般1,100円 高大生800円 小中生300円

講演会
『出来事の詩学』

2015年3月21日(土・祝)14:00~
会場:滋賀県 甲賀 MIHO MUSEUM 南レクチャーホール
講演:三松幸雄(明治大学、多摩美術大学兼任講師)
定員:100名(先着順)

講演会
『バーネット・ニューマンの〈十字架の道行き〉(仮題)』

2015年4月25日(土)14:00~
会場:滋賀県 甲賀 MIHO MUSEUM 南レクチャーホール
講演:大島徹也(愛知県美術館主任学芸員)
定員:100名(先着順)

バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第1留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第1留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第2留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第2留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第3留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第3留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第4留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
バーネット・ニューマン『十字架の道行き:第4留』ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Collection of Robert and Jane Meyerhoff 1986.65.8 © 2014 The Barnett Newman Foundation
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄