ニュース

斎藤工が最強の男に、財宝争奪バトルロイヤル描く映画『虎影』から劇中写真

斎藤工の主演映画『虎影』が、6月20日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開されることがわかった。

『虎影』は、これまでに数々の日本映画で特殊造形や特殊メイクを手掛け、今夏に公開される実写版映画『進撃の巨人』でも特殊造形プロデューサーを務める西村喜廣が原作、監督、編集、脚本、特殊造型監督、キャラクターデザインを担当する作品。かつて最強と呼ばれた男が、愛する者を守るために再び刀を取り、命懸けの財宝争奪バトルロイヤルに巻き込まれていく様をアクションを交えて描く。

主人公の虎影を斎藤が演じるほか、芳賀優里亜、しいなえいひ、津田寛治、石川樹、鳥居みゆき、島津健太郎、三元雅芸、清野菜名、水井真希、屋敷紘子、三田真央、松浦りょう、仁科貴、村杉蝉之介がキャストに名を連ねている。また、今回の発表とあわせて斎藤演じる虎影の劇中での姿が公開された。

斎藤は、以前から親交があったという西村監督との仕事について、「役割の大小問わず、西村作品のオファーは二つ返事です。キツいだけでなく、楽しく満たされていく現場」とコメント。西村監督は、「男性が主人公で僕の映画に付き合ってくれる人は斎藤工しかいない!と思って本人に直にメールして、“僕の映画に出て欲しい!”と相談したんです。そうしたら、工が快諾してくれました。すごくやり易いですよ。ものすごく僕の映画を理解してくれてます」と起用理由を説明している。

また斎藤は同作の見所について、「誰も観た事の無いような新しい日本映画が誕生しました。SNS主導な現代にもっとも不可欠な“体温”や“触れ合い”を、アクション満載で描いているこの作品。あなたの何かが変わるはず。騙されたと思って、是非劇場で体感して下さい」と語っている。

※記事掲載時、一部表記内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

作品情報

『虎影』

2015年6月20日(土)から新宿武蔵野館ほか全国公開
原作・監督・脚本:西村喜廣
出演:
斎藤工
芳賀優里亜
しいなえいひ
津田寛治
石川樹
鳥居みゆき
島津健太郎
三元雅芸
清野菜名
水井真希
屋敷紘子
三田真央
松浦りょう
仁科貴
村杉蝉之介
配給:ファントム・フィルム

『虎影』 ©「虎影」製作委員会
『虎影』 ©「虎影」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡