ケラ&ザ・シンセサイザーズ新アルバムに岸田繁らギタリスト8人、有頂天の新作も

ケラ&ザ・シンセサイザーズのニューアルバム『BROKEN FLOWER(仮)』が、6月17日にリリースされる。

1995年にKERA(Vo)を中心に結成され、翌年からザ・シンセサイザーズとして活動をスタートした同バンド。2003年に現在のバンド名となり、メンバーチェンジを経て、KERAとRIU(Ba)、Reiko(Dr)、杉山圭一(Syn)の4人で活動している。

オリジナルアルバムとしては、2010年の『Body and Song』以来、約4年半ぶりとなる『BROKEN FLOWER(仮)』には、書き下ろしのオリジナル曲12曲に千賀かほる“真夜中のギター”のカバーを加えた13曲を収録。白井良明(ムーンライダーズ)、岸田繁(くるり)、ハヤシ(POLYSICS)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers、toddle、LAMA)、成毛慎吾(もらん、ti-ti.uu)、小林写楽(FLOPPY、GalapagosS)、澄田健(Moto-Psycho R&R Service、VooDoo Hawaiians)、伏見蛍(The Peach Sunfish)の8人のギタリストがゲスト参加している。

さらにケラリーノ・サンドロヴィッチは、昨年再結成を発表した有頂天の新作ミニアルバムも同日にタワーレコード限定でリリース。10月には鈴木慶一とのユニットNo Lie-Senseのニューアルバムも発表される予定だ。

リリース情報

ケラ&ザ・シンセサイザーズ
『BROKEN FLOWER(仮)』(CD)

2015年6月17日(水)発売
価格:3,240円(税込)
CDSOL-1634

リリース情報

有頂天
『タイトル未定』

2015年6月17日(水)タワーレコード限定発売

  • HOME
  • Music
  • ケラ&ザ・シンセサイザーズ新アルバムに岸田繁らギタリスト8人、有頂天の新作も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて