特集 PR

演劇も音楽も極めたケラリーノ・サンドロヴィッチが憧れる人

演劇も音楽も極めたケラリーノ・サンドロヴィッチが憧れる人

インタビュー・テキスト
土佐有明
撮影:古本麻由未

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)が主宰する劇団・ナイロン100℃が、4月10日から青山円形劇場で『パン屋文六の思案~続・岸田國士一幕劇コレクション~』を上演する。同作は、日本現代演劇の父とされる岸田國士の戯曲8篇をコラージュしたもので、衣裳監修をモダン着物のカリスマ・豆千代が、振付をイデビアン・クルーの井手茂太が担当。円形劇場の特性を活かしたパノラミックな和装劇となりそうだ。

昨今は、新生ナゴムレコードを立ち上げたり、鈴木慶一とのユニット「No Lie-Sense」や「ケラ&ザ・シンセサイザーズ」の新作をリリースするなど、音楽活動も再び盛んになってきているKERA。演劇人として広く認知されながらも、現役のミュージシャンとしてフレッシュな作品を世に送り出している彼に、新作の構想や今後の音楽活動について話を聞いた。

岸田の戯曲は、人生の複雑さや実存的な問題を扱っているけど、それを楽しみながら描いている感じがする。

―今回上演される『パン屋文六の思案』は、2007年の『犬は鎖につなぐべからず』同様、岸田國士の戯曲をコラージュしたものですが、KERAさんが岸田戯曲に最初に触れたときの印象はどうだったんですか?

KERA:最初は、80年以上前にこんなにおおらかな戯曲を書いていた人がいたのか、っていうくらいの印象で、本当にそのすごさを痛感したのは『犬は鎖につなぐべからず』の稽古が始まってからでした。洒落ているし、大人だし、ドライだし、ウディ・アレンの映画のよう。基本的にペシミスティック(悲観的)なのはチェーホフにも近いけど、岸田の場合はもっと軽くて明るい。人生の複雑さや実存的な問題を扱っているんだけど、それを楽しみながら描いているのが分かるんです。大正時代にこんなモダンなことをやっていて、当時の人たちがどれだけ理解できていたか分からないですけどね。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

―岸田國士は、それぐらい早かったということですよね。今でも、名前が知られているわりに広くは読まれていないと思うのですが。

KERA:若手劇作家の登竜門と言われる『岸田國士戯曲賞』なんて賞もあるし、現代演劇の父とも言われているし、評価はされているんですよね。でも、意外と読まれていない。カフカ、チェーホフ、別役実——僕が大好きでしょうがない人たちは一般の演劇ファンが及び腰になりがちで、岸田國士もそう。きっと、一言で形容できるキャッチーさに欠けるというのもその一因だと思うんですけど。それでも、『犬は鎖につなぐべからず』から7年の間にずいぶんいろんな劇団が取り上げるようになったなとは思いますね。

―岸田戯曲は台詞が洒脱で洗練されていますが、コラージュにあたってもやはりそこは残そうとしたのでしょうか?

KERA:そうですね。可能な限り残したいんですが、どうしても上演時間の都合でカットせざるを得ない。とても苦しい作業でした。切った台詞もまたいいんですよね。さりげなくて、とても美しい。登場しない人物の名前とか無関係な固有名詞が唐突に出てきたりもして、それもまた作品のバックボーンを豊かにしていく。演劇で遊んでいる感じがするんです。今日稽古したシーンでも、登場人物が図面を持ってきて「この張り出しのところが……」とか言ってるんだけど、いったいなんの図面の話なのかさっぱり分からない(笑)。そういうのが多いですね。

―台詞の端々に余白や含みがあって、想像力を刺激されますよね。人によっては不親切だと思うかもしれないけど、だからこそ作品に深みや奥行きが生じる。

KERA:岸田の戯曲は、台詞は絶対的じゃなくて、相対的なものとしてあるんです。だから、観客への伝わり方はまちまちで、ぼーっと観ている人にはよく分からないかもしれないし、勘違いされるかもしれない。だから、「本当のところはどうなのか?」って思う人もいるだろうけど、そんなことは重要じゃない。例えば、街でお母さんと子どもがなんか揉めているとする。この二人がどんな親子なのかは分からないし、お母さんと子どものどちらが悪いのかも分からないけど、とりあえずそうした光景として認識することもできるじゃないですか。「事情」より「印象」が面白いことって、世の中にはたくさんありますよね。そういうことを、岸田も楽しんでいるように感じます。

―ふっと覗き見た世界を切り取っただけのような、ある意味リアルな描写ですよね。

KERA:僕も観客の想像力を信頼した演劇が好きだから、そこに惹かれるんでしょうね。全部の情報を与えてしまうのは、観客を馬鹿にしているような感じがしてしまう。ある程度、観た人がそれぞれ何かを持って帰れる余地を残しておきたいんです。演劇や映画の観客って、小説や絵画の受け手よりも「だから結局どうだったんだ?」っていうことを知りたがるんですよね。でも、「結局どうだったか?」なんてことはどうでもいいよって思う。未だに「泣かせ」と「どんでん返し」が物語の二大主流になっているような状況は、つまらないと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

ナイロン100℃ 41st SESSION
『パン屋文六の思案~続・岸田國士一幕劇コレクション~』

2014年4月10日(木)~5月3日(土・祝)全28公演
会場:東京都 青山円形劇場
作:岸田國士
潤色・構成・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:
みのすけ
松永玲子
村岡希美
長田奈麻
新谷真弓
安澤千草
廣川三憲
藤田秀世
眼鏡太郎
猪俣三四郎
水野小論
伊与勢我無
菊池明明
森田甘路
木乃江祐希
萩原聖人
緒川たまき
植本潤
小野ゆり子
志賀廣太郎
※出演を予定していた吉増裕士は怪我のため降板になりました
料金:前売・当日一般6,900円 学生4,300円(前売のみ、チケットぴあのみ)

プロフィール

ケラリーノ・サンドロヴィッチ

劇作家、演出家、音楽家、映画監督。1963年、東京都出身。劇団「ナイロン100℃」主宰。82年、ニューウェーブバンド・有頂天を結成。並行して85年に劇団健康を旗揚げ、演劇活動を開始する。92年の解散後、翌93年にナイロン100℃を始動。99年には『フローズン・ビーチ』で第43回岸田國士戯曲賞を受賞。以降、数々の演劇賞を受賞。12年より岸田國士選考委員を務める。音楽活動では、バンド「ケラ&ザ・シンセサイザーズ」のほか、13年には鈴木慶一氏とユニット「No Lie-Sense」を結成するなど精力的に活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」