ニュース

ぺヤンヌマキが5人のAV女優を描く『女のみち 2012』再演、初演キャストが勢揃い

演劇ユニット「ブス会*」による舞台『女のみち 2012 再演』が、5月22日から東京・池袋の東京芸術劇場シアターイーストで上演される。

『女のみち 2012 再演』は、2006年にポツドールの番外公演として上演された『女のみち』の登場人物たちの6年後を描いた『女のみち 2012』の再演。AV撮影現場の控え室を舞台に、6年ぶりに復帰することになったかつての人気AV女優カスミをはじめ、カスミの仕事仲間だったカリスマレズ女優三代目橘リカコ、人気巨乳女優のルミ、リカコが経営するSMクラブで働くバイセクシャルのカエデ、この撮影のメイン女優で元芸能人のマリナの5人の間に生じる嫉妬や確執と共に、彼女たちが前向きに逞しく生きていく姿を描いた作品だ。

同公演には、初演時のキャストである安藤玉恵、内田慈、もたい陽子、高野ゆらこ、松本まりか、尾倉ケント、仗桐安が全員参加。また、ブス会*の全作品の脚本と演出を担当するぺヤンヌマキは、同作でも演出と脚本を手掛けている。同作の再演についてぺヤンヌマキは「ベースはあくまで『女のみち 2012』となりますが、3年経った現在の状況なども盛り込みつつ、2015年度版として生まれ変わらせたいと思っております」とコメントを寄せている。なお、同公演の座席は「一般シート」と最前列の「ブスシート」に分かれており、ブスシートのチケットにはポスターが付属する。チケットの一般発売は4月11日からスタート。

ブス会*は、エッセイスト・脚本家・演出家のぺヤンヌマキが2010年に立ち上げた演劇プロデュースユニット。ぺヤンヌマキは三浦大輔主宰の劇団「ポツドール」の旗揚げに参加したほか、ぺヤングマキ名義でAV監督としてもキャリアを持つ。昨年上演された『第4回ブス会*「男たらし」』は『第59回岸田國士戯曲賞』最終候補作にノミネートされた。

イベント情報

第5回ブス会*
『女のみち 2012 再演』

2015年5月22日(金)~5月31日(日)全11公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場シアターイースト
脚本・演出:ぺヤンヌマキ
出演:
安藤玉恵
内田慈
もたい陽子
高野ゆらこ
松本まりか
尾倉ケント
仗桐安
料金:
ブスシート(ポスター付)4,000円
一般シート4,000円

第5回ブス会*『女のみち 2012 再演』メインビジュアル
第5回ブス会*『女のみち 2012 再演』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡