ニュース

ぺヤンヌマキが5人のAV女優を描く『女のみち 2012』再演、初演キャストが勢揃い

演劇ユニット「ブス会*」による舞台『女のみち 2012 再演』が、5月22日から東京・池袋の東京芸術劇場シアターイーストで上演される。

『女のみち 2012 再演』は、2006年にポツドールの番外公演として上演された『女のみち』の登場人物たちの6年後を描いた『女のみち 2012』の再演。AV撮影現場の控え室を舞台に、6年ぶりに復帰することになったかつての人気AV女優カスミをはじめ、カスミの仕事仲間だったカリスマレズ女優三代目橘リカコ、人気巨乳女優のルミ、リカコが経営するSMクラブで働くバイセクシャルのカエデ、この撮影のメイン女優で元芸能人のマリナの5人の間に生じる嫉妬や確執と共に、彼女たちが前向きに逞しく生きていく姿を描いた作品だ。

同公演には、初演時のキャストである安藤玉恵、内田慈、もたい陽子、高野ゆらこ、松本まりか、尾倉ケント、仗桐安が全員参加。また、ブス会*の全作品の脚本と演出を担当するぺヤンヌマキは、同作でも演出と脚本を手掛けている。同作の再演についてぺヤンヌマキは「ベースはあくまで『女のみち 2012』となりますが、3年経った現在の状況なども盛り込みつつ、2015年度版として生まれ変わらせたいと思っております」とコメントを寄せている。なお、同公演の座席は「一般シート」と最前列の「ブスシート」に分かれており、ブスシートのチケットにはポスターが付属する。チケットの一般発売は4月11日からスタート。

ブス会*は、エッセイスト・脚本家・演出家のぺヤンヌマキが2010年に立ち上げた演劇プロデュースユニット。ぺヤンヌマキは三浦大輔主宰の劇団「ポツドール」の旗揚げに参加したほか、ぺヤングマキ名義でAV監督としてもキャリアを持つ。昨年上演された『第4回ブス会*「男たらし」』は『第59回岸田國士戯曲賞』最終候補作にノミネートされた。

イベント情報

第5回ブス会*
『女のみち 2012 再演』

2015年5月22日(金)~5月31日(日)全11公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場シアターイースト
脚本・演出:ぺヤンヌマキ
出演:
安藤玉恵
内田慈
もたい陽子
高野ゆらこ
松本まりか
尾倉ケント
仗桐安
料金:
ブスシート(ポスター付)4,000円
一般シート4,000円

第5回ブス会*『女のみち 2012 再演』メインビジュアル
第5回ブス会*『女のみち 2012 再演』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施