ハイネケン社会長の誘拐事件が映画化、A・ホプキンスが犯人を翻弄する不敵な人質役

映画『ハイネケン誘拐の代償』が、6月13日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。

同作は、1983年に実際に起きたオランダのビール会社「ハイネケン」経営者の誘拐事件の真相を追った犯罪ジャーナリストのピーター・R・デ・ヴリーズのベストセラー本を、スウェーデン出身のダニエル・アルフレッドソン監督が映画化したサスペンス。ハイネケン社会長のフレディ・ハイネケンを誘拐し、巨額の身代金を要求した犯罪経験のない幼なじみの若者5人組が、人質であることを楽しんでいるかのようなハイネケンの態度に翻弄され、追いつめられていく様を描く。公開されている予告編では、ハイネケンが犯人に向かって「私を解放しろ」と高圧的に話す場面のほか、犯人たちがハイネケンの態度や警察が動かないことに焦り始め仲間割れをする様子などが映し出されている。

ハイネケンを演じるのは、『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター役で『第64回アカデミー賞』最優秀主演男優賞を受賞したアンソニー・ホプキンス。誘拐犯グループを『鑑定士と顔のない依頼人』などに出演しているジム・スタージェス、『アバター』などに出演しているサム・ワーシントンをはじめ、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーウェン、トーマス・コックレルが演じている。

作品情報

『ハイネケン誘拐の代償』

2015年6月13日(土)から新宿バルト9ほか全国で公開
監督:ダニエル・アルフレッドソン
出演:
アンソニー・ホプキンス
ジム・スタージェス
サム・ワーシントン
ライアン・クワンテン
マーク・ファン・イーウェン
トーマス・コックレル
配給:アスミック・エース

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ハイネケン社会長の誘拐事件が映画化、A・ホプキンスが犯人を翻弄する不敵な人質役

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて