四肢のない遠藤憲一が床を這う、主演映画『木屋町DARUMA』から予告編公開

2015年に公開される映画『木屋町DARUMA』から予告編が公開された。

予告編には、遠藤憲一が演じる四肢のない男・勝浦茂雄が床を這う姿や、債務者の家に乗り込んで借金の取り立てをする場面、口だけで物を食べるシーンなどが映し出されているほか、勝浦の手足となって彼を支える坂本役の三浦誠己、坂本に勝浦の世話を命じる勝浦の弟分・古澤役の木村祐一、借金の取り立てに追い込まれる新井役の寺島進、父の借金が原因で身を滅ぼす新井の娘・友里役の武田梨奈らの姿が確認できる。

『木屋町DARUMA』は、2012年にiOS向けのアプリとして公開されたが、過激な内容から複数の出版社が出版を拒否したという丸野裕行の同名小説が原作。かつて京都・木屋町を牛耳る組織を束ねていたが、5年前の事件によって手足を失った勝浦を主人公に、ハンディキャップのある体で債務者の家に乗り込み、嫌がらせをして借金を取り立てる仕事で生計を立てる勝浦が、坂本とともに5年前の事件の真相を追う様を描く。メガホンをとるのは、『捨てがたき人々』などの榊英雄。

作品情報

『木屋町DARUMA』

2015年公開予定
監督:榊英雄
脚本:丸野裕行
原作:丸野裕行『木屋町DARUMA』(マルノシンヂケイト電子書籍出版)
主題歌:masami“空が泣いている”
音楽:榊いずみ
出演:
遠藤憲一
三浦誠己
武田梨奈
木下ほうか
尾高杏奈
趙珉和
烏丸せつこ
寺島進
木村祐一
配給:ファミリーツリー、アークエンタテインメント

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 四肢のない遠藤憲一が床を這う、主演映画『木屋町DARUMA』から予告編公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて