ニュース

緒川たまきが娼婦役でファスビンダー戯曲に再挑戦、音楽は石橋英子らの生演奏

千木良悠子が主宰する劇団SWANNYの公演で、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの戯曲『ゴミ、都市そして死』『猫の首に血』が6月に東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで上演される。

6月25日から6月27日にかけて上演される『ゴミ、都市そして死』は、月面上の第2次世界大戦後の冷戦下にあるドイツ・フランクフルトに生きる娼婦の物語。1974年にファスビンダーが書き下ろし、ダニエル・シュミット監督によって『天使の影』というタイトルで映画化されている。2013年には、東京・新宿の紀伊國屋ホールでSWANNYの第5回公演として上演され、今回が再演となる。

キャストには、主演の緒川たまきに加え、若松武史、仁科貴、渚ようこ、伊藤ヨタロウらが名を連ねている。音楽は、2013年の公演と同様に石橋英子が担当し、ジム・オルークらによるバンド「ぎりぎり達」のライブ演奏が行われる。

6月27日から6月28日にかけて上演される新作『猫の首に血』は、人間の社会がどれほど民主主義的かを査察するために、宇宙から地球に送り込まれてきた女の子の物語。同作では、戦後の資本主義社会で深い傷を負った登場人物たちの姿が描かれる。

キャストには、主演の朝比奈かずに加え、山田キヌヲ、鬼頭典子、小林麻子、宮崎吐夢らが名を連ねている。同作ではダンサー・辻田暁が振付を担当し、石橋によるシンセサイザーノイズの即興演奏が行われる。

チケットの一般発売は5月8日からスタート。『ゴミ、都市そして死』と『猫の首に血』の両方を鑑賞できる2公演セット券も発売される。

イベント情報

『ゴミ、都市そして死』

2015年6月25日(木)~6月27日(土)全3公演
会場:東京都 三軒茶屋 世田谷パブリックシアター
作:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
翻訳:渋谷哲也
音楽・ライブ出演:石橋英子 with ぎりぎり達(ジム・オルーク、須藤俊明、山本達久、坂口光央)
振付:スズキ拓朗
出演:
緒川たまき
若松武史
仁科貴
渚ようこ
伊藤ヨタロウ
顔田顔彦
仲坪由紀子
小林麻子
石橋穂乃香
安元遊香
猫田直
金子清文
木村健三
鈴木将一朗
石川ゆうや
ナカムラユーキ
高松良成
中村祐太郎
新井和之
河井克夫
料金:S席前売5,300円 S席当日5,800円 A席前売3,500円 A席当日4,000円 2公演セット券10,000円 友の会会員料金S席4,800円 アーツカード会員料金S席5,000円 U24席2,800円

イベント情報

『猫の首に血』

2015年6月27日(土)、6月28日(日)全3公演
会場:東京都 三軒茶屋 世田谷パブリックシアター
作:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
翻訳:渋谷哲也
音楽・即興演奏:石橋英子
振付:辻田暁
出演:
朝比奈かず
辻田暁
山田キヌヲ
鬼頭典子
小林麻子
宮崎吐夢
金子清文
若松力
今奈良孝行
鈴木将一朗
料金:S席前売5,300円 S席当日5,800円 A席前売3,500円 A席当日4,000円 2公演セット券10,000円 友の会会員料金S席4,800円 アーツカード会員料金S席5,000円 U24席2,800円

SWANNY ファスビンダー二本立て公演 『ゴミ、都市そして死』 『猫の首に血』イメージビジュアル
SWANNY ファスビンダー二本立て公演 『ゴミ、都市そして死』 『猫の首に血』イメージビジュアル
緒川たまき
緒川たまき
朝比奈かず
朝比奈かず
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年