ニュース

「チューバッカ、帰ってきたぞ」、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』第2弾特報公開

12月18日に公開される映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の特報第2弾が公開された。

『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード7にあたる同作は、1983年に公開された『ジェダイの帰還』の約30年後を描いた作品。今回公開された特報は、アメリカ・カリフォルニアで行われたイベント『スター・ウォーズ・セレブレーション』内で発表された。

宇宙戦艦「スター・デストロイヤー」の墜落現場からスタートする特報では、「フォースは私の一族と共に」というナレーションと共にダース・ベイダーのものを思わせるマスクが映し出され、「父がそうであり、私も、妹も、そしてお前にも」という台詞と共にR2-D2に触れるルーク・スカイウォーカーらしき人物が捉えられている。さらにデイジー・リドリーが演じるレイ、ボール型のドロイド「BB-8」、ジョン・ボイエガが演じるフィン、オスカー・アイザックが演じるポー・ダメロン、さらに赤いライトセーバーを持ったカイロ・レンの姿が正面から捉えられているなど、新たなキャラクターたちが登場。また、ラストではハリソン・フォード演じるハン・ソロがチューバッカと共に登場し、「チューバッカ、帰ってきたぞ」と語る場面が盛り込まれている。

なお、『スター・ウォーズ・セレブレーション』に登壇したデイジー・リドリーは「私が演じる、レイはジャクーに住んでいる“ならず者”なの。そして、とある人物と出会い、冒険の旅に出る。その人物というのが、フィンなの」とコメント。レイア役を演じるキャリー・フィッシャーは、「前衛的なファッションだったレイア姫も、今回は落ち着いた格好になっているの。残念ながら今回はメタリックな水着は着ないわ(笑)」と語っている。また、ルーク役のマーク・ハミルは、「ファンのサポートと、情熱、熱狂が僕たちを支えてくれた。ファンのみんなは家族だ!」とファンへの想いを明かしている。

作品情報

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

2015年12月18日(金)に全国公開
監督:J・J・エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 ©2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 ©2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像