ニュース

「チューバッカ、帰ってきたぞ」、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』第2弾特報公開

12月18日に公開される映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の特報第2弾が公開された。

『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード7にあたる同作は、1983年に公開された『ジェダイの帰還』の約30年後を描いた作品。今回公開された特報は、アメリカ・カリフォルニアで行われたイベント『スター・ウォーズ・セレブレーション』内で発表された。

宇宙戦艦「スター・デストロイヤー」の墜落現場からスタートする特報では、「フォースは私の一族と共に」というナレーションと共にダース・ベイダーのものを思わせるマスクが映し出され、「父がそうであり、私も、妹も、そしてお前にも」という台詞と共にR2-D2に触れるルーク・スカイウォーカーらしき人物が捉えられている。さらにデイジー・リドリーが演じるレイ、ボール型のドロイド「BB-8」、ジョン・ボイエガが演じるフィン、オスカー・アイザックが演じるポー・ダメロン、さらに赤いライトセーバーを持ったカイロ・レンの姿が正面から捉えられているなど、新たなキャラクターたちが登場。また、ラストではハリソン・フォード演じるハン・ソロがチューバッカと共に登場し、「チューバッカ、帰ってきたぞ」と語る場面が盛り込まれている。

なお、『スター・ウォーズ・セレブレーション』に登壇したデイジー・リドリーは「私が演じる、レイはジャクーに住んでいる“ならず者”なの。そして、とある人物と出会い、冒険の旅に出る。その人物というのが、フィンなの」とコメント。レイア役を演じるキャリー・フィッシャーは、「前衛的なファッションだったレイア姫も、今回は落ち着いた格好になっているの。残念ながら今回はメタリックな水着は着ないわ(笑)」と語っている。また、ルーク役のマーク・ハミルは、「ファンのサポートと、情熱、熱狂が僕たちを支えてくれた。ファンのみんなは家族だ!」とファンへの想いを明かしている。

作品情報

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

2015年12月18日(金)に全国公開
監督:J・J・エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 ©2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 ©2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会