ニュース

106歳で逝去したマノエル・ド・オリヴェイラ監督、101歳時の日本未公開作が公開へ

映画『アンジェリカ(仮題)』の日本公開が決定した。

同作は、4月2日に106歳で逝去したポルトガル出身のマノエル・ド・オリヴェイラ監督が、101歳のときに発表した作品。現役最高齢の監督としても知られていたオリヴェイラは、23歳であった1931年に『ドウロ河』で監督デビュー。1980年代からは、ほぼ1年に1作というペースで新作を撮り続け、1991年には映画『神曲』が『第48回ベネチア国際映画祭』審査員特別賞、1999年には映画『クレーヴの奥方』が『第52回カンヌ国際映画祭』審査員賞を受賞している。

日本初公開となる『アンジェリカ(仮題)』は、ポルトガルの小さな街を舞台にした作品。ある富豪の家族から、亡くなったばかりの美しい娘・アンジェリカの最後の写真撮影を依頼された青年イサクが、ファインダー越しに微笑みかけてきた彼女に魅了され、徐々にとり憑かれていく様を描いたミステリアスファンタジーだ。

キャストには、『ブエノスアイレス恋愛事情』などに出演しているスペイン出身のピラール・ロペス・デ・アジャラ、オリヴェイラの孫であるリカルド・トレパが名を連ねている。なお同作は、東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で、年内に公開される予定だ。

作品情報

『アンジェリカ(仮題)』

2015年にBunkamuraル・シネマほか全国で公開予定
監督:マノエル・ド・オリヴェイラ
出演:
ピラール・ロペス・デ・アジャラ
リカルド・トレパ
配給:クレストインターナショナル

『アンジェリカ(仮題)』より
『アンジェリカ(仮題)』より
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い