ニュース

日活ロマンポルノが復活、現代の監督によるオリジナル新作を製作

「日活ロマンポルノ」の新プロジェクト「ROMAN PORNO REBOOT PROJECT」が開始される。

日活ロマンポルノは、1971年に日活が立ち上げた男性向け成人映画のレーベル。「10分に1回絡みのシーンを作る、上映時間は70分程度」といった一定のルールと製作条件以外は自由な映画表現に挑むことが可能だったため、作家性の高い若手監督らを数多く輩出し、製作終了となった1988年までの17年間に、約1100本もの作品を世に送り出してきた。

ROMAN PORNO REBOOT PROJECTでは、現在活躍している映画監督たちが現代の性と男女のドラマを描く新作の製作に加えて、旧作の上映を行い、同レーベルの「早すぎた映像表現」を鑑賞する土壌を広げていくという。

新作はBSスカパー!をパートナーとして製作され、これまでにロマンポルノ作品を手掛けていない監督を起用。製作条件は現代のフォーマットに置き換えながら、一定のルールの中で撮影するというロマンポルノの特質を引き継ぐとのこと。

さらに新作の劇場公開にあわせて、R15+指定版がBSスカパー!で放映される予定だ。

なお、日活ロマンポルノ製作開始当時には「一般映画」「成人映画」の区別しかなかったため、1998年に「成人映画」が「R-18」と改称された際にロマンポルノ作品もR-18指定となったが、映倫の再審査によって神代辰巳監督『恋人たちは濡れた』『四畳半襖の裏張り』の2作品がR15+指定となっている。

※記事掲載時、一部表記内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

『恋人たちは濡れた』(監督:神代辰巳)©日活
『恋人たちは濡れた』(監督:神代辰巳)©日活
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く