ニュース

日韓の現代美術家を紹介する『アーティスト・ファイル』展に冨井大裕、百瀬文ら12人

グループ展『アーティスト・ファイル 2015 隣の部屋――日本と韓国の作家たち』が、7月29日から東京・六本木の国立新美術館で開催される。

個展の集合という形式で現代美術家を紹介する展覧会として、2008年から国立新美術館が企画してきた『アーティスト・ファイル』展。6回目となる今回は韓国国立現代美術館との共同企画となり、絵画、彫刻、写真、映像、インスタレーションなど多彩な表現を行う日本と韓国のアーティストを紹介する。会期終了後は韓国国立現代美術館果川館に巡回する予定だ。

出展作家には、日本から小林耕平、南川史門、百瀬文、手塚愛子、冨井大裕、横溝静、韓国からイム・フンスン、キ・スルギ、イ・ヘイン、イ・ソンミ、イ・ウォノ、ヤン・ジョンウクの計12人が名を連ねている。なお、副題の「隣の部屋」は、同展が従来の『アーティスト・ファイル』の個展形式を引き継いでいることと、日本と韓国の地理的な距離の近さおよび日韓の作家たちの美学や作品の形式が緩やかに呼応していることを示しているという。

また、同展では作品展示だけでなく、出展作家に関する情報を収集することも目的のひとつとしており、詳細な略歴と文献目録を含んだ展覧会カタログは日本語、韓国語、英語の3か国語によって構成。さらに、展覧会の終了後も作家に関する情報を収集しており、これまでに40人の作家がアーカイブされている。

イベント情報

『アーティスト・ファイル 2015 隣の部屋――日本と韓国の作家たち』

2015年7月29日(水)~10月12日(月・祝)
会場:東京都 六本木 国立新美術館 企画展示室2E
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで開館、入場は閉館の30分前まで)
参加作家:
イム・フンスン
キ・スルギ
小林耕平
イ・ヘイン
イ・ソンミ
イ・ウォノ
南川史門
百瀬文
手塚愛子
冨井大裕
ヤン・ジョンウク
横溝静
休館日:火曜(9月22日は開館)
料金:一般1,000円 大学生500円
※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)および障害者手帳を持参の方(付添者1名含む)は入場無料

キ・スルギ『Unfamiliar Corner 02』2012年 アーカイヴァルピグメントプリント
キ・スルギ『Unfamiliar Corner 02』2012年 アーカイヴァルピグメントプリント
ヤン・ジョンウク『疲れはいつも夢とともに』2013年 木、モーター、糸 撮影:Kim Namhee
ヤン・ジョンウク『疲れはいつも夢とともに』2013年 木、モーター、糸 撮影:Kim Namhee
冨井大裕『board band board #2』2014年 PPバンド、アクリル板 撮影:柳場大 提供:Yumiko Chiba Associates
冨井大裕『board band board #2』2014年 PPバンド、アクリル板 撮影:柳場大 提供:Yumiko Chiba Associates
百瀬文『定点観測[父の場合]』2013-14年 映像、テキスト
百瀬文『定点観測[父の場合]』2013-14年 映像、テキスト
小林耕平『L字とミミズ』2014年 ミクストメディア 『1974 第一部 1974年に生まれて』展示風景、群馬県立近代美術館、2014年 撮影:大西正一 提供:YAMAMOTO GENDAI
小林耕平『L字とミミズ』2014年 ミクストメディア 『1974 第一部 1974年に生まれて』展示風景、群馬県立近代美術館、2014年 撮影:大西正一 提供:YAMAMOTO GENDAI
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開