日韓の現代美術家を紹介する『アーティスト・ファイル』展に冨井大裕、百瀬文ら12人

グループ展『アーティスト・ファイル 2015 隣の部屋――日本と韓国の作家たち』が、7月29日から東京・六本木の国立新美術館で開催される。

個展の集合という形式で現代美術家を紹介する展覧会として、2008年から国立新美術館が企画してきた『アーティスト・ファイル』展。6回目となる今回は韓国国立現代美術館との共同企画となり、絵画、彫刻、写真、映像、インスタレーションなど多彩な表現を行う日本と韓国のアーティストを紹介する。会期終了後は韓国国立現代美術館果川館に巡回する予定だ。

出展作家には、日本から小林耕平、南川史門、百瀬文、手塚愛子、冨井大裕、横溝静、韓国からイム・フンスン、キ・スルギ、イ・ヘイン、イ・ソンミ、イ・ウォノ、ヤン・ジョンウクの計12人が名を連ねている。なお、副題の「隣の部屋」は、同展が従来の『アーティスト・ファイル』の個展形式を引き継いでいることと、日本と韓国の地理的な距離の近さおよび日韓の作家たちの美学や作品の形式が緩やかに呼応していることを示しているという。

また、同展では作品展示だけでなく、出展作家に関する情報を収集することも目的のひとつとしており、詳細な略歴と文献目録を含んだ展覧会カタログは日本語、韓国語、英語の3か国語によって構成。さらに、展覧会の終了後も作家に関する情報を収集しており、これまでに40人の作家がアーカイブされている。

イベント情報

『アーティスト・ファイル 2015 隣の部屋――日本と韓国の作家たち』

2015年7月29日(水)~10月12日(月・祝)
会場:東京都 六本木 国立新美術館 企画展示室2E
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで開館、入場は閉館の30分前まで)
参加作家:
イム・フンスン
キ・スルギ
小林耕平
イ・ヘイン
イ・ソンミ
イ・ウォノ
南川史門
百瀬文
手塚愛子
冨井大裕
ヤン・ジョンウク
横溝静
休館日:火曜(9月22日は開館)
料金:一般1,000円 大学生500円
※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)および障害者手帳を持参の方(付添者1名含む)は入場無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 日韓の現代美術家を紹介する『アーティスト・ファイル』展に冨井大裕、百瀬文ら12人

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて