映画プロデューサー伊地智啓の特集上映、『太陽を盗んだ男』『お引越し』など18作品

特集上映『相米慎二を育てた男:プロデューサー伊地智啓の仕事』が、5月16日から東京のシネマヴェーラ渋谷で開催される。

伊地智啓は、長谷川和彦監督作『太陽を盗んだ男』や村川透監督作『最も危険な遊戯』をはじめ、相米慎二監督作『ションベン・ライダー』『セーラー服と機関銃』『お引越し』などを手掛けたことで知られる映画プロデューサー。

4月24日に発売された伊地智の著書『映画の荒野を走れ ──プロデューサー始末半世紀』の刊行を記念して開催される同イベントでは、『太陽を盗んだ男』『最も危険な遊戯』『ションベン・ライダー』などの作品に加え、伊地智が助監督を務めた澤田幸弘監督作『反逆のメロディー』や藤田敏八監督作『八月の濡れた砂』、桃井かおりが出演した唯一のロマンポルノとなる『エロスは甘き香り』など、伊地智の関連作品計18本を上映。

また、デジタル上映される『ションベン・ライダー』と蔵原惟二監督作『黒い牝豹M』の2作品以外は35mmフィルムでの上映となるほか、伊地智が最も気に入っていたというロマンポルノの『わたしのSEX白書 絶頂度』はニュープリントとなっている。なお、『翔んだカップル』はオリジナル版、『セーラー服と機関銃』は「完璧版」がそれぞれ上映される。

さらに、5月16日には『ションベン・ライダー』で主演を務めた河合美智子、5月24日には『エロスの誘惑』主演の中川梨絵がそれぞれ来場し、伊地智とトークを繰り広げる。イベントや上映作品の詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。

※記事掲載時、一部作品の監督名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『相米慎二を育てた男:プロデューサー伊地智啓の仕事』

2015年5月16日(土)~6月5日(金)
会場:東京都 渋谷 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『反逆のメロディー』(監督:澤田幸弘)
『八月の濡れた砂』(監督:藤田敏八)
『エロスの誘惑』(監督:藤田敏八)
『エロスは甘き香り』(監督:藤田敏八)
『濡れた荒野を走れ』(監督:澤田幸弘)
『黒い牝豹M』(監督:蔵原惟二)
『炎の肖像』(監督:藤田敏八、加藤彰)
『わたしのSEX白書 絶頂度』(監督:曽根中生)
『最も危険な遊戯』(監督:村川透)
『太陽を盗んだ男』(監督:長谷川和彦)
『翔んだカップル オリジナル版』(監督:相米慎二)
『セーラー服と機関銃 完璧版』(監督:相米慎二)
『ションベン・ライダー』(監督:相米慎二)
『雪の断章 情熱』(監督:相米慎二)
『光る女』(監督:相米慎二)
『死んでもいい』(監督:石井隆)
『お引越し』(監督:相米慎二)
『夏の庭 The Friends』(監督:相米慎二)
料金:一般1,400円 会員・シニア1,000円 学生800円

トークショー
2015年5月16日(土)17:30~
会場:東京都 渋谷 シネマヴェーラ渋谷
出演:
伊地智啓
河合美智子

2015年5月24日(日)17:00~
会場:東京都 渋谷 シネマヴェーラ渋谷
出演:
伊地智啓
中川梨絵

書籍情報

『映画の荒野を走れ ──プロデューサー始末半世紀』

2015年4月24日(金)発売
著者:伊地智啓
価格:3,780円(税込)
発行:インスクリプト

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画プロデューサー伊地智啓の特集上映、『太陽を盗んだ男』『お引越し』など18作品

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて