Jamie xx、スーザン・フィリップスら6組×名作絵画、美術館のために楽曲を書き下ろし

アートプロジェクト『Soundscapes』が、7月8日からイギリス・ロンドンのナショナルギャラリーで開催される。

『Soundscapes』は、現代の音楽家やサウンドアーティストとナショナルギャラリーのコレクションのコラボレーションによるプロジェクト。各アーティストがコレクションから自身で選出した絵画のために新たな楽曲やサウンドを書き下ろし、そのサウンドとともに絵画作品が展示される。

参加アーティストと選んだ絵画の組み合わせは、ニコ・マーリーと『ウィルトンの二連祭壇画』、スーザン・フィリップスとハンス・ホルバイン『大使たち』、ガブリエル・ヤレドとポール・セザンヌ『Bathers(Les Grandes Baigneuses)』、Jamie xx(The xx)とテオ・ファン・レイセルベルヘ『Coastal Scene』、クリス・ワトソン(ex.Cabaret Voltaire)とアクセリ・ガッレン=カッレラ『Lake Keitele』、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラーとアントネロ・ダ・メッシーナ『書斎の聖ヒエロニムス』となる。

イベント情報

『Soundscapes』

2015年7月8日(水)~9月6日(日)
会場:イギリス ロンドン ナショナルギャラリー
時間:10:00~18:00(金曜は21:00まで)
参加作家:
ニコ・マーリー
スーザン・フィリップス
ガブリエル・ヤレド
Jamie xx
クリス・ワトソン
ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー
料金:一般10ポンド シニア9ポンド 学生・18歳以下・失業者6ポンド
※12歳以下は無料

  • HOME
  • Art,Design
  • Jamie xx、スーザン・フィリップスら6組×名作絵画、美術館のために楽曲を書き下ろし

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて