ニュース

エリック・サティの新たな一面に迫る展覧会、自筆楽譜や肖像画も展示

展覧会『エリック・サティとその時代展』が7月8日から東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアム、9月12日から静岡・浜松の浜松市美術館で開催される。

ジャン・コクトーやパブロ・ピカソとも交流があったエリック・サティは、彼らと共同で舞台『パラード』を制作したことなどで知られ、1925年に逝去したフランスの作曲家。同展では、サティが生きた時代の文化や、交流を持っていた芸術家、サティに影響を受けた芸術家たちの作品や資料などを5つの章に分けて紹介し、サティの新たな一面に迫るという。

展示される作品は、サティと交流のあったコンスタンティン・ブランクーシやアンドレ・ドランの作品をはじめ、サティが作曲した“3つのジムノペディ”の自筆手稿、シャルル・マルタンが挿絵を手掛けたサティの楽譜集『スポーツと気晴らし』、マン・レイがサティをモチーフに制作した『エリック・サティの眼』など多岐にわたる。

なお、会場ではサティが作曲した音楽を楽しむ事が出来るほか、会期中には島田彩乃らによるピアノの生演奏が企画されている。各イベントの参加方法などの詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。

『エリック・サティとその時代展』招待券をプレゼント

『エリック・サティとその時代展』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2015年6月28日)

イベント情報

『エリック・サティとその時代展』

東京会場
2015年7月8日(水)~8月30日(日)
会場:東京都 渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム
時間:10:00~19:00(金、土曜は21:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:会期中無休
料金:一般1,400円 大・高校生1,000円 中・小学生700円

静岡会場
2015年9月12日(土)~11月1日(日)
会場:静岡県 浜松市美術館

フランシス・ピカビア『「本日休演」の楽譜の口絵』 1926年 紙、リトグラフ フランス国立図書館 Bibliothèque nationale de France, Paris
フランシス・ピカビア『「本日休演」の楽譜の口絵』 1926年 紙、リトグラフ フランス国立図書館 Bibliothèque nationale de France, Paris
ジュール・グリュン『「外国人のためのモンマルトル案内」のポスター』 1900年 紙、リトグラフ モンマルトル美術館 Musée de Montmartre, Collection Société d’Histoire et d’Archéologie“Le Vieux Montmartre”
ジュール・グリュン『「外国人のためのモンマルトル案内」のポスター』 1900年 紙、リトグラフ モンマルトル美術館 Musée de Montmartre, Collection Société d’Histoire et d’Archéologie“Le Vieux Montmartre”
エリック・サティ(作曲)、シャルル・マルタン(挿絵)『スポーツと気晴らし』より『カーニヴァル』 1914-23年 紙、ポショワール フランス現代出版史資料館 Fonds Erik Satie - Archives de France / Archives IMEC
エリック・サティ(作曲)、シャルル・マルタン(挿絵)『スポーツと気晴らし』より『カーニヴァル』 1914-23年 紙、ポショワール フランス現代出版史資料館 Fonds Erik Satie - Archives de France / Archives IMEC
エリック・サティ(作曲)、シャルル・マルタン(挿絵)『スポーツと気晴らし』より『カーニヴァル』 1914-23年 紙、ポショワール フランス現代出版史資料館 Fonds Erik Satie - Archives de France / Archives IMEC
エリック・サティ(作曲)、シャルル・マルタン(挿絵)『スポーツと気晴らし』より『カーニヴァル』 1914-23年 紙、ポショワール フランス現代出版史資料館 Fonds Erik Satie - Archives de France / Archives IMEC
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側