蜷川実花が椎名林檎、東村アキコ、名和晃平らと対談、雑誌特別版が2冊同時刊行

雑誌『QUOTATION』の特別版『QUOTATION BOOKS:couleur「蜷川実花の20年を知る」』『QUOTATION SPECIAL ISSUE:noir「一冊、エッジな蜷川実花」』が5月20日に刊行される。

『QUOTATION BOOKS:couleur「蜷川実花の20年を知る」』では、蜷川実花の20年間の活動を総括。新作を含む写真作品が46ページにわたって紹介されるほか、蜷川と様々な分野で活動する10人との対談が掲載される。対談相手は、秋元康、東信、猪子寿之(チームラボ)、大西洋(株式会社三越伊勢丹ホールディングス)、川上未映子、紀里谷和明、下村今日子(カルチャー・ビジョン・サミット)、高橋盾(UNDERCOVER)、名和晃平、東村アキコとなる。

『QUOTATION SPECIAL ISSUE:noir「一冊、エッジな蜷川実花」』では、東京・品川の原美術館で開催された蜷川の個展『蜷川実花:Self-image』で展示された作品を中心に、未発表作品も含む作品を40ページにわたって紹介。さらに、椎名林檎と蜷川の対談も掲載される。

書籍情報

『QUOTATION BOOKS:couleur「蜷川実花の20年を知る」』

2015年5月20日(水)発売
価格:1,728円(税込)
発行:MATOI PUBLISHING

amazonで購入する

書籍情報

『QUOTATION SPECIAL ISSUE:noir「一冊、エッジな蜷川実花」』

2015年5月20日(水)発売
価格:1,296円(税込)
発行:MATOI PUBLISHING

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 蜷川実花が椎名林檎、東村アキコ、名和晃平らと対談、雑誌特別版が2冊同時刊行

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて