祝・琳派400年、ヤノベケンジ×増田セバスチャン×高橋匡太が神の巨大彫刻創る

ヤノベケンジ、増田セバスチャン、高橋匡太によるアートプロジェクト『PANTHEON -神々の饗宴-』が、7月25日から京都・京都府立植物園の観覧温室前「鏡池」で開催される。

本阿弥光悦、俵屋宗達らの画風を尾形光琳らが発展させた芸術流派「琳派」が2015年に400周年を迎えることを記念し、ヤノベ、増田、高橋の3人のコラボレーション作品を発表する同プロジェクト。俵屋宗達らが描いた『風神雷神図』の風神と雷神、琳派の代表的なモチーフでもある花をイメージした神像としてローマ神話にも登場し、サンドロ・ボッティチェリの『春』をはじめとする様々な絵画に描かれた女神「フローラ」の3つの神をモチーフにした3体の彫刻が、多くの蓮や睡蓮が植えられた京都府立植物園に展示される。

ボッティチェリ『春』に着想を得た『フローラ』は高さ8メートルにおよぶ少女の巨大彫刻。雷神をモチーフにした『雷神―黒い太陽』と風神をモチーフにした『風神の塔』はともに高さ5メートルの彫刻で、それぞれ雷発生装置と竜巻発生装置が装備される。

なお同プロジェクトは4部構成で展開。現在『雷神―黒い太陽』の展示がスタートしており、7月25日から『フローラ』、8月中旬から『風神の塔』が登場する。また、9月中旬には増田セバスチャンによる『New Generation Plant』が展示されるほか、9月から10月にかけては高橋によるライトアップが行われる。詳しい展示スケジュールなどはオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

琳派400年記念祭
ヤノベケンジ×増田セバスチャン×高橋匡太
『PANTHEON -神々の饗宴-』

2015年7月25日(土)~10月25日(日)
会場:京都府 京都府立植物園 観覧温室前 鏡池
時間:9:00~16:00
料金:一般200円 高校生150円
主催:京都府・北山文化環境ゾーン交流連携会議
※中学生以下無料
※イベントによって入場時間が異なる場合有り

  • HOME
  • Art,Design
  • 祝・琳派400年、ヤノベケンジ×増田セバスチャン×高橋匡太が神の巨大彫刻創る

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて