TYM344の個展『サブスタンス』、テーマは「不動物・無生物を称えるためのクラブ」

TYM344の個展『サブスタンス』が、6月5日から東京・新宿眼科画廊で開催される。

TYM344は、美術史からの引用や、自身が描く4コマ漫画のキャラクター、路上で撮影した道路標識や広告、看板のデザインなどの要素を組み合わせたモノクロの絵画を発表するアーティスト。これまでに『COMITIA』『カオス*ラウンジSIX ~イメージの他力本願~』をはじめとする展示会や展覧会に参加しているほか、2014年には『TAGBOAT ART FES』で審査員特別賞を受賞した。

『サブスタンス』展では、「不動物・無生物を称えるためのクラブ」を作ることをテーマに掲げ、ギャラリー内の3つのスペースを使用して作品を展示。6月6日にはオープニングレセプションが開催される。

イベント情報

TYM344個展
『サブスタンス』

2015年6月5日(金)~6月17日(水)
会場:東京都 新宿眼科画廊
時間:12:00~20:00(最終日は17:00まで)
休廊日:木曜
料金:無料

オープニングレセプション
2015年6月6日(土)18:00~
会場:東京都 新宿眼科画廊

  • HOME
  • Art,Design
  • TYM344の個展『サブスタンス』、テーマは「不動物・無生物を称えるためのクラブ」

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて