少年を盗む竹野内豊&血を流す松雪泰子、『at Home アットホーム』予告編

8月22日に公開される映画『at Home アットホーム』の予告編が公開された。

今回公開された予告編は、竹野内豊が演じる空き巣泥棒の和彦が、家から少年を「盗む」場面をはじめ、過去にそれぞれ傷を持つ他人同士が集まり、家族として暮らす様子を映し出した内容。和彦が空き巣泥棒を働こうとするシーンや、松雪泰子演じる結婚詐欺師の皐月が「危ない橋渡るなよ」という和彦の忠告に対して「大丈夫。私、逃げ足速いんだから」と答える場面、捕らえられた皐月が顔から血を流している様子や千原せいじ演じる暴力男に突き飛ばされる場面、和彦らが食卓を囲んで笑顔を見せる風景などが盛り込まれている。

『at Home アットホーム』は、映画『真夜中の五分前』『ストレイヤーズ・クロニクル』の原作者としても知られる本多孝好の小説『at home』をもとにした作品。和彦役の竹野内豊、皐月役の松雪泰子をはじめ、「一家」の長男である偽造職人の淳役に坂口健太郎、長女・飛鳥役に黒島結菜、次男・隆史役に池田優斗がキャスティングされている。また、一家の世話役を國村隼、ナルシストな金持ち役を板尾創路、一家を危機に陥れる悪役を村本大輔(ウーマンラッシュアワー)が演じている。

作品情報

『at Home アットホーム』

2015年8月22日(土)から全国公開
監督:蝶野博
脚本:安倍照雄
原作:本田考好『at home』(角川書店)
出演:
竹野内豊
松雪泰子
坂口健太郎
黒島結菜
池田優斗
板尾創路
千原せいじ
村本大輔
國村隼
ほか
配給:ファントム・フィルム+KATSU-do

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 少年を盗む竹野内豊&血を流す松雪泰子、『at Home アットホーム』予告編

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて