ニュース

声優×俳優が「合体」、河森正治による異色舞台『ひと夏のアクエリオン』

「The Fool」の第2回作品『ひと夏のアクエリオン』が、7月24日から東京・原宿のAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演される。

「The Fool」は、アニメ『マクロス』シリーズや『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』『創聖のアクエリオン』などを手掛けた河森正治が総監督を務める「多次元プロジェクト」。声を担当する声優と、舞台上に出演する俳優が共同で1つのキャラクターを演じるという独自の形式による舞台公演を行っている。

『ノブナガ・ザ・フール』に続く同プロジェクトの第2回作品となる『ひと夏のアクエリオン』は、河森によるオリジナルストーリー。主人公・拳一と波瑠斗が所属する現代の高校演劇部を舞台に、「1万年と2千年前」から続く堕天翅ライハと魔導士ガレの戦いや人間のイリアとの恋などを描く、ロボットの登場しない『アクエリオン』になるという。

同作の演出と脚本を手掛けるのは柿ノ木タケヲ。声優陣は日によって異なり、ライハの声を小林裕介、内田雄馬、近藤隆、ガレの声を菅沼久義、柿原徹也、興津和幸がそれぞれ担当する。俳優陣は全日程共通しており、拳一とライハ役で安達勇人、波瑠斗とガレ役で北村諒が出演する。チケットの先行予約は6月8日まで受付中。一般発売は7月5日10:00からスタートする。

イベント情報

多次元プロジェクト「The Fool」第2回作品
『ひと夏のアクエリオン』

2015年7月24日(金)~7月26日(日)全5公演
会場:東京都 原宿 AiiA 2.5 Theater Tokyo
原作:河森正治、サテライト
ストーリー:河森正治
脚本・演出:柿ノ木タケヲ
出演:
安達勇人
北村諒
小玉百夏
竹内諒太
西川康太郎
声の出演:
小林裕介(7月24日)
菅沼久義(7月24日)
内田雄馬(7月25日)
柿原徹也(7月25日)
近藤隆(7月26日)
興津和幸(7月26日)
料金:7,800円

多次元プロジェクト「The Fool」第2回作品『ひと夏のアクエリオン』ロゴ
多次元プロジェクト「The Fool」第2回作品『ひと夏のアクエリオン』ロゴ
安達勇人
安達勇人
北村諒
北村諒
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー