ニュース

『黄金町バザール2015』に国内外14組のアーティスト、約2か月間にわたる滞在制作も

神奈川・横浜の黄金町を中心としたアートイベント『黄金町バザール2015―まちとともにあるアート』が、10月1日から開催される。

「アートによるまちの再生」をテーマに掲げ、2008年から始まった『黄金町バザール』は、日ノ出町駅と黄金町駅の間にある高架下のスタジオを中心に、周辺施設などを舞台に展開。これまで国内外から約180組のアーティストや建築家、デザイナーなどが参加してきた。

8回目となる今年は、国内およびアジア6カ国(タイ・ベトナム・フィリピン・インドネシア・韓国・中国)のアーティスト計14組が参加。「まちとともにあるアート」をテーマに、約2か月間にわたる滞在制作を通して新作を発表する「バザール・プログラム」、43歳の若さで夭折したアーティスト・宮前正樹が生前に行っていたワークショップを宮前の知人が独自の解釈で再制作する特別プログラム「宮前正樹とワークショップ展」、「横浜市・成都市アーティスト・イン・レジデンス交流事業」の3つのアートプログラムが実施される。

なお、会期中には展示作品や町の歴史や魅力について解説するツアーのほか、建築や町づくりの視点を加えた「黄金町まちプロジェクト」も展開。現在、同プロジェクトの一環として、違法飲食店等の空間デザインを募集している。採択される5つの空間デザインは、展覧会開幕までに施工を完了し、建築作品として公開予定。公募、参加作家、各イベントの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『黄金町バザール2015―まちとともにあるアート』

2015年10月1日(木)~11月3日(火・祝)
会場:会場:神奈川県 日ノ出町駅から黄金町駅間の高架下スタジオ、周辺のスタジオ、既存の店舗、屋外ほか
時間:11:00~18:30
参加アーティスト:
アーノント・ノンヤオ
キム・ウジン
グエン・ホン・ゴック
ジョセフ・ガブリエル
ナターシャ・ガブリエル・トンティ
岩竹理恵
浦川大志
小鷹拓郎
さかもとゆり
進藤冬華
メリノ
宮前正樹とワークショップ展
ザン・ジン
吉本直紀
休場日:月曜(祝日の場合は翌火曜)
料金:前売300円 当日500円
※中学生以下無料

『黄金町バザール2015』プレビジュアル
『黄金町バザール2015』プレビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと