ニュース

瀬戸内寂聴の人生と文学世界に迫る展覧会、横尾忠則とのコラボ作や美輪明宏とトークも

展覧会『戦後70年、被爆70年― 瀬戸内寂聴展 これからを生きるあなたへ』が、7月25日から長崎・長崎県美術館で開催される。

同展は、小説家、僧侶、平和活動家として知られる瀬戸内寂聴の人生と文学世界に迫り、戦後70年を迎えた長崎から愛と希望のメッセージを発信することを目標に掲げて開催。瀬戸内の直筆原稿や写真といった資料をはじめ、横尾忠則とのコラボレーション作品や、日本画家・石踊達哉が装丁画を手掛けた瀬戸内訳『源氏物語』の屏風絵、瀬戸内が愛する美術品などが展示される。また、同展だけで上映される瀬戸内の法話映像も用意されている。

なお、同展の初日となる7月25日には、瀬戸内が挨拶とテープカットを行う開場式が開催予定。さらに瀬戸内と美輪明宏によるトークイベント『戦後70年、これからを生きるあなたへ』が、同日に長崎・長崎ブリックホールで開催される。

イベント情報

『戦後70年、被爆70年― 瀬戸内寂聴展 これからを生きるあなたへ』

2015年7月25日(土)~8月31日(月)
会場:長崎県 長崎県美術館
時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)
休館日:8月10日(7月27日、8月24日は臨時開館)
料金:一般1,200円 高校・大学生・70歳以上1,000円 小・中学生700円
※小学生未満は無料

開場式
2015年7月25日(土)10:00~
会場:長崎県 長崎県美術館 エントランスロビー
※瀬戸内寂聴出席予定

瀬戸内寂聴展開催記念事業
瀬戸内寂聴×美輪明宏トークショー
『戦後70年、これからを生きるあなたへ』
2015年7月25日(土)14:00~
会場:長崎県 長崎ブリックホール
出演:
瀬戸内寂聴
美輪明宏
料金:5,940円

瀬戸内寂聴 提供:徳島県立文学書道館
瀬戸内寂聴 提供:徳島県立文学書道館
『遠藤周作』横尾忠則 『奇縁まんだら』より
『遠藤周作』横尾忠則 『奇縁まんだら』より
『真木柱 まきばしら』石踊達哉 『源氏物語』第三一帖より
『真木柱 まきばしら』石踊達哉 『源氏物語』第三一帖より
『宿木 やどりぎ』秋の響/二曲半双 石踊達哉 『源氏物語』第四九帖より
『宿木 やどりぎ』秋の響/二曲半双 石踊達哉 『源氏物語』第四九帖より
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと