ナードでフェティッシュな写真家・口枷屋モイラの個展、被写体に松永天馬ら

口枷屋モイラの個展『MOIRA☆SHOOTINGS STARS』が、6月26日から東京・神保町画廊で開催される。

2003年から「Nerd&Fetish」をコンセプトにしたセルフポートレイトを制作している写真家、デザイナーの口枷屋モイラ。「ナードでフェティッシュなコンセプチュアルエロリガール」をキャッチコピーに掲げ、これまでに写真展『パンチラ2015』や『曖昧☆美少女アート展』といった展覧会に参加している。

『MOIRA☆SHOOTINGS STARS』では、松永天馬(アーバンギャルド)、百合華、七菜乃、村田タマ、紅日毬子、緑川百々子、北見えりらを被写体にした写真作品約35点を展示。昨年から今年にかけて撮影された作品を中心に、展覧会のために撮り下ろされた新作や、別名義「胡子」として制作された作品も紹介される。会期中の関連イベントや口枷屋の在廊日などの詳細は会場のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

口枷屋モイラ写真展
『MOIRA☆SHOOTINGS STARS』

2015年6月26日(金)~7月12日(日)
会場:東京都 神保町画廊
時間:12:00~18:00(金曜は19:00まで)
休廊日:月、火曜
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • ナードでフェティッシュな写真家・口枷屋モイラの個展、被写体に松永天馬ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて