近藤芳正の初主演映画『野良犬はダンスを踊る』、濡れ場にも初挑戦

映画『野良犬はダンスを踊る』が、10月10日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

舞台、映画、ドラマなどで幅広く活躍する俳優・近藤芳正の初主演作となる同作では、年齢による衰えから仕事でのミスが増えはじめ、引退を決意するベテランの殺し屋・黒澤宗之の葛藤が描かれる。

監督と脚本を務めるのは、『失恋殺人』『僕の中のオトコの娘』を手掛けた窪田将治。キャストには、近藤演じる黒澤が心惹かれるホステス役の柳英里紗をはじめ、加藤慶祐、鈴木勝吾、木下ほうか、久保田秀敏らが名を連ねている。7月26日には、渋谷のユーロライブで本編の上演と出演者によるトークショーを含む完成披露試写会が行われる。

近藤芳正のコメント

初主演、初ハードボイルド、初濡れ場!53歳にして、初ものづくし~!!ぜひ劇場でご覧下さい!

窪田将治のコメント

大好きな俳優、近藤芳正さんを主演に迎えて映画創りが出来ると決まった時から、これまでの近藤芳正から想像できないような新たな一面が見たいと思い今作の脚本を書きました。カッコよくてセクシーで、プロフェッショナルな近藤さんが見れると思いますので楽しみにしてください。

作品情報

『野良犬はダンスを踊る』

2015年10月10日(土)から渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
監督・脚本:窪田将治
音楽:與語一平
出演:
近藤芳正
加藤慶祐
鈴木勝吾
久保田秀敏
山田ジェームス武
倉貫匡弘
川瀬陽太
柳憂怜
草野康太
山本宗介
橘美緒
潮美華
中島愛里
柳英里紗
木下ほうか
配給:FAITHentertainment、クラスター

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 近藤芳正の初主演映画『野良犬はダンスを踊る』、濡れ場にも初挑戦

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて