世武裕子が「sébuhiroko」名義の初作品、ハマ・オカモトら参加

世武裕子が「sébuhiroko」名義のミニアルバム『WONDERLAND』を9月16日にリリース。今後のシンガーソングライターとしての活動は、sébuhirokoとして展開することがあわせて発表された。

シンガーソングライターとしての活動に加え、映画『だいじょうぶ3組』『ストロボ・エッジ』の劇伴や、7月20日からスタートするテレビドラマ『恋仲』の音楽をはじめ、ユニクロ、日産、JR 北陸新幹線のCM音楽をこれまでに手掛けるなど、作曲家としても知られる世武。福岡晃子(チャットモンチー)とユニット「忘れちゃいなよバド部」を組んでいるほか、チャットモンチーの新編成「乙女団」のメンバーでもある。

sébuhiroko名義でリリースする初の作品となる『WONDERLAND』は、世武にとって約3年3か月ぶりの新作。レコーディングには、あらきゆうこ(Dr)、ハマ・オカモト(Ba / OKAMOTO'S)、福岡晃子(Ba / チャットモンチー)、小倉直也(Gt / Qomolangma Tomato)が参加するという。収録曲などの詳細は後日発表される。

リリース情報

sébuhiroko
『WONDERLAND』(CD)

2015年9月16日(水)発売
価格:2,300円(税込)
PCCA-4281

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 世武裕子が「sébuhiroko」名義の初作品、ハマ・オカモトら参加

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて