世武裕子

Total 59 Posts

葛飾生まれ、滋賀育ち。シンガーソングライター、映画音楽作曲家。Ecole Normale de Musique de Paris 映画音楽学科を首席で卒業。在仏中には、Acte1やCours Florentといった俳優学校で映画演技も学んだ。パリ、東京にて短編映画制作に携わったのち、『家族X』で長編デビュー。以降、映画やテレビドラマ、数多くのCM音楽を手掛ける。近年、映画では『ストロボ・エッジ』『オオカミ少女と黒王子』『お父さんと伊藤さん』、ドラマでは『好きな人がいること』『べっぴんさん』などの音楽を担当している。シンガーソングライターsébuhiroko名義では第一作「WONDERLAND」に続き、ダーク、踊れる、プログレッシヴ、ミニマルミュージックをテーマにより色濃い世界を描く第二作「L/GB」を発表。2018年公開映画『リバーズ・エッジ』『羊と鋼の森』『生きてるだけで、愛。』などの映画音楽を担当。ピアノ演奏・キーボーディストとしてMr.Children、西野カナ、森山直太朗のレコーディングやライブなどにも参加している。2018年11月19日に、デビュー10周年。

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて