『いちごの唄』にみうらじゅん&田口トモロヲ、クドカンら11人がカメオ出演

7月5日公開の映画『いちごの唄』のカメオ出演者が発表された。

岡田惠和と峯田和伸(銀杏BOYZ)による同名小説と同時に企画が進行した菅原伸太郎監督の映画『いちごの唄』は、銀杏BOYZの楽曲“漂流教室”“ぽあだむ”などをイメージソースとした青春ラブストーリー。亡くなった親友・伸二と、1年に1度しか会えない「あーちゃん」を想い日々を暮らす主人公・笹沢コウタ役を古舘佑太郎(2)、1年に1度だけ会う約束をする「あーちゃん」こと天野千日役を石橋静河が演じる。

出演が発表されたのは、麻生久美子、みうらじゅん、田口トモロヲ、宮藤官九郎、曽我部恵一、やついいちろう(エレキコミック)、今立進(エレキコミック)、村井香、村井守、赤坂真之介(2)、yucco(2)の11人。

みうらじゅんは「気がついたら望む望まないに関わらず、変な人になっていて、相棒の田口トモロヲ、通称トモチンとお互いのテンガロンハット姿を見て笑った」、田口トモロヲは「銀杏BOYZの想いをベースに、青春の混沌を共有し、内側から無心に物語&映画を支える峯田くんの男気に拍手喝采です!!」とコメント。

また宮藤官九郎は「コメントしちゃったらカメオじゃなくね?という疑問もありますが、言わなきゃ分かんないくらい役(バイトの先輩)に成りきっているって事ですかね。ありがとうございます」、麻生久美子は「岡田惠和さんと峯田和伸さんという大好きなお二人の原作の映画に、ほんの少しですが出演させていただけて、とても光栄でした」と述べいている。

みうらじゅんのコメント

撮影は蒲田。ひどく雨が降っていて、中華屋さんの前に張ったテントの中まで降り込んできた。ぼくらはブロンソンズで決めていて、監督の指示どうり主演の人たちに迷惑かからないよう静かにしてたつもり。気がついたら望む望まないに関わらず、変な人になっていて、相棒の田口トモロヲ、通称トモチンとお互いのテンガロンハット姿を見て笑った。

田口トモロヲのコメント

おそらく!?正しいカメオ出演の仕方をさせてもらったテンガロン2人組ブロンソンズの片方 田口トモロヲです(笑)。
銀杏BOYZの想いをベースに、青春の混沌を共有し、内側から無心に物語&映画を支える峯田くんの男気に拍手喝采です!!

宮藤官九郎のコメント

コメントしちゃったらカメオじゃなくね?という疑問もありますが、言わなきゃ分かんないくらい役(バイトの先輩)に成りきっているって事ですかね。ありがとうございます。現場はとても和気あいあいとしたムードで、監督から痛烈なダメ出しを喰らうこともなく、午前中で終了しました。峯田くんの世界観で岡田さんの脚本なら間違いないです。主演の古舘くんの、頼りないようで、しっかり何かを物語っている眼差しが、印象的でした。

麻生久美子のコメント

岡田惠和さんと峯田和伸さんという大好きなお二人の原作の映画に、ほんの少しですが出演させていただけて、とても光栄でした。撮影は古舘佑太郎さんとご一緒させていただきましたが、真っ直ぐでとてもピュアな方で、まさにコウタ役にピッタリな魅力溢れる役者さんだと思いました。

作品情報

『いちごの唄』

2019年7月5日(金)から新宿ピカデリーほか全国で公開
監督:菅原伸太郎 脚本:岡田惠和 原作:岡田惠和、峯田和伸(銀杏BOYZ)『いちごの唄』(朝日新聞出版) 主題歌:銀杏BOYZ“いちごの唄” 音楽:世武裕子、銀杏BOYZ 出演: 古舘佑太郎(2) 石橋静河 和久井映見 光石研 清原果耶 小林喜日 大西利空 泉澤祐希 恒松祐里 しゅはまはるみ 渡辺道子 ポール・マグサリン 山崎光 蒔田彩珠 吉村界人 岸井ゆきの 峯田和伸 宮本信子 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『いちごの唄』にみうらじゅん&田口トモロヲ、クドカンら11人がカメオ出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて