ニュース

『ちびまる子ちゃん』が23年ぶり映画化、さくらももこ脚本で関西旅行を描く

『映画ちびまる子ちゃん』が、12月23日から公開されることがわかった。

さくらももこによる同名漫画を原作に、1990年からテレビアニメの放送がスタートした『ちびまる子ちゃん』。これまでに原作の累計発行部数は3200万部を記録し、アニメの放送回数は1100回を超えるという。

テレビアニメの放送開始25周年を記念して制作された『映画ちびまる子ちゃん』は、1992年の『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』以来、約23年ぶりの劇場版。まる子の家に滞在することになったイタリア人少年のまる子への告白や、まる子とクラスメイトたちが地元の静岡・清水を飛び出して、大阪、京都に旅する様子が描かれる。

脚本は原作者のさくらももこが担当。監督は、テレビアニメ版の『ちびまる子ちゃん』の演出や、2011年に『文化庁メディア芸術祭』アニメーション部門優秀賞を受賞した『うっかりペネロペ』の監督としても知られる高木淳が務めるほか、アニメーション制作を日本アニメーションが手掛ける。

さくらももこのコメント

皆様の温かい御声援に支えられちびまる子ちゃんはアニメ25周年を迎えました。
感謝の気持ちでいっぱいです。心を込めて映画の脚本を書きました。
笑いあり涙あり、切なさありの25年目のちびまる子ちゃんを楽しんでいただけたら嬉しいです。

作品情報

『映画ちびまる子ちゃん』

2015年12月23日(水・祝)から公開
原作・脚本:さくらももこ
監督:高木淳
アニメーション制作:日本アニメーション
配給:東宝

『映画ちびまる子ちゃん』ポスタービジュアル ©2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社
『映画ちびまる子ちゃん』ポスタービジュアル ©2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像