ニュース

『ちびまる子ちゃん』が23年ぶり映画化、さくらももこ脚本で関西旅行を描く

『映画ちびまる子ちゃん』が、12月23日から公開されることがわかった。

さくらももこによる同名漫画を原作に、1990年からテレビアニメの放送がスタートした『ちびまる子ちゃん』。これまでに原作の累計発行部数は3200万部を記録し、アニメの放送回数は1100回を超えるという。

テレビアニメの放送開始25周年を記念して制作された『映画ちびまる子ちゃん』は、1992年の『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』以来、約23年ぶりの劇場版。まる子の家に滞在することになったイタリア人少年のまる子への告白や、まる子とクラスメイトたちが地元の静岡・清水を飛び出して、大阪、京都に旅する様子が描かれる。

脚本は原作者のさくらももこが担当。監督は、テレビアニメ版の『ちびまる子ちゃん』の演出や、2011年に『文化庁メディア芸術祭』アニメーション部門優秀賞を受賞した『うっかりペネロペ』の監督としても知られる高木淳が務めるほか、アニメーション制作を日本アニメーションが手掛ける。

さくらももこのコメント

皆様の温かい御声援に支えられちびまる子ちゃんはアニメ25周年を迎えました。
感謝の気持ちでいっぱいです。心を込めて映画の脚本を書きました。
笑いあり涙あり、切なさありの25年目のちびまる子ちゃんを楽しんでいただけたら嬉しいです。

作品情報

『映画ちびまる子ちゃん』

2015年12月23日(水・祝)から公開
原作・脚本:さくらももこ
監督:高木淳
アニメーション制作:日本アニメーション
配給:東宝

『映画ちびまる子ちゃん』ポスタービジュアル ©2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社
『映画ちびまる子ちゃん』ポスタービジュアル ©2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」