ニュース

劇場版アニメ『虐殺器官』の声優陣に中村悠一、櫻井孝宏ら、キャラ画も公開

11月13日から公開される伊藤計劃原作のアニメーション映画『虐殺器官』の声優陣とキャラクタービジュアルが公開された。

フジテレビによる「ノイタミナムービー」の第2弾企画「Project Itoh」の一環で、『屍者の帝国』『ハーモニー』と共に3か月連続で公開される同作。世界各地で紛争が激化する中で、米軍の特殊部隊に所属するエリートのクラヴィス・シェパード大尉が、任務によって「虐殺の王」と称されるジョン・ポールの追跡を開始する、というストーリーだ。

米軍で暗殺任務を行う唯一の精鋭部隊である特殊検索群i分遣隊に所属するクラヴィス・シェパードの声を演じるのは、『マクロスF』の早乙女アルト役などで知られる中村悠一。さらに、クラヴィスが率いる特殊部隊員のウィリアムズ役を三上哲、リーランド役を石川界人、アレックス役を梶裕貴、彼らの上司であるロックウェル大佐役を大塚明夫が演じるほか、世界各地で紛争の種を撒いているとされ、祖国であるアメリカ政府から追跡される言語学者のジョン・ポール役に櫻井孝宏、ジョンとかつて関係を持っていたという教え子のルツィア・シュクロウポヴァ役に小林沙苗がキャスティングされている。

なお、本日7月23日25:15からフジテレビで放送される『乱歩奇譚 Game of Laplace』内で、『虐殺器官』のキャストの声やEGOISTによる主題歌“リローデッド”を使用したスポット映像が放送。また、7月30日には『ハーモニー』の声優陣発表を予定している。

中村悠一のコメント

この作品のオーディションを受けたのは昨年2014年。
当時34歳の自分は、このタイミングで伊藤計劃氏の作品へ参加できるかもしれないという事に、不思議な縁を(勝手に!)感じていました。
戴いたクラヴィスという人物。お話は彼が中心となって描かれています。
軍人であるクラヴィスが自身の世界で何を感じどう行動していくか。たった一つの言葉が生み出すもの。
ほんの少し、自分の今いる場所から、壁一枚隔てた先で現実に存在する『死』というものを彼が認識した時、『虐殺器官』と出会った時に、一体何を思うのか。観終わった後、幾通りもの解があると思います。
ハッピーエンド?バッドエンド?全てを劇場で確かめていただければ幸いです。
そして世界は『ハーモニー』へ。

※記事掲載後、『虐殺器官』は公開が延期に、『ハーモニー』の公開が11月13日に繰り上がりました(2015年10月5日追記)。

作品情報

『屍者の帝国』

2015年10月2日(金)から公開
監督:牧原亮太郎
原作:伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』(河出文庫)
主題歌:EGOIST“Door”
キャラクター原案:redjuice
アニメーション制作:WIT STUDIO
声の出演:
細谷佳正
村瀬歩
楠大典
三木眞一郎
山下大輝
花澤香菜
大塚明夫
菅生隆之

作品情報

『虐殺器官』

2015年11月13日(金)から公開
監督:村瀬修功
原作:伊藤計劃『虐殺器官』(ハヤカワ文庫 JA)
主題歌:EGOIST“リローデッド”
キャタクター原案:redjuice
アニメーション制作:manglobe
声の出演:
中村悠一
三上哲
石川界人
梶裕貴
小林沙苗
大塚明夫
櫻井孝宏

作品情報

『ハーモニー』

2015年12月4日(月)から公開
監督:なかむらたかし、マイケル・アリアス
原作:伊藤計劃『ハーモニー』(ハヤカワ文庫 JA)
主題歌:EGOIST“Ghost of a smile”
キャラクター原案:redjuice
アニメーション制作:STUDIO4℃

『虐殺器官』よりクラヴィス・シェパード ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
『虐殺器官』よりクラヴィス・シェパード ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
『虐殺器官』よりウィリアムズ ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
『虐殺器官』よりウィリアムズ ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
『虐殺器官』よりリーランド ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
『虐殺器官』よりリーランド ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
『虐殺器官』よりアレックス ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
『虐殺器官』よりアレックス ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
『虐殺器官』よりルツィア・シュクロウポヴァ ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
『虐殺器官』よりルツィア・シュクロウポヴァ ©Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN
画像を拡大する(10枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察