ニュース

映画『2001年宇宙の旅』をオーケストラ&合唱団の生演奏付きで上映

『ライブ・シネマコンサート「2001年宇宙の旅」』が、11月25日と26日に東京・渋谷のBunkamura オーチャードホールで開催される。

1968年に公開されたスタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』はアーサー・C・クラークの小説を原作としたSF作品で、クラシック音楽を巧みに用いた演出は後の作品にも大きな影響を与えた。

2010年にロンドンで初演された『ライブ・シネマコンサート「2001年宇宙の旅」』は、『2001年宇宙の旅』全編の映像にあわせてオーケストラと合唱団が生演奏を行うもの。演奏される楽曲は、本編でも使用されているリヒャルト・シュトラウスの“ツァラトゥストラはかく語りき”、ヨハン・シュトラウス2世“美しく青きドナウ”、リゲティの“アトモスフェール”など。指揮はロバート・ジーグラー、演奏は日本フィルハーモニー交響楽団、合唱は東京混声合唱団が担当し、公演時間は休憩を挟んで約160分を予定。映像は日本語字幕付きで上映される。チケット一般発売は8月2日10:00からスタート。


イベント情報

『ライブ・シネマコンサート「2001年宇宙の旅」』

2015年11月25日(水)19:00~
2015年11月26日(木)14:00~
会場:東京都 渋谷 Bunkamura オーチャードホール
指揮:ロバート・ジーグラー
演奏:日本フィルハーモニー交響楽団
合唱:東京混声合唱団
料金:各回 S席10,000円 A席8,000円 B席6,000円

『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問