ニュース

映画『2001年宇宙の旅』をオーケストラ&合唱団の生演奏付きで上映

『ライブ・シネマコンサート「2001年宇宙の旅」』が、11月25日と26日に東京・渋谷のBunkamura オーチャードホールで開催される。

1968年に公開されたスタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』はアーサー・C・クラークの小説を原作としたSF作品で、クラシック音楽を巧みに用いた演出は後の作品にも大きな影響を与えた。

2010年にロンドンで初演された『ライブ・シネマコンサート「2001年宇宙の旅」』は、『2001年宇宙の旅』全編の映像にあわせてオーケストラと合唱団が生演奏を行うもの。演奏される楽曲は、本編でも使用されているリヒャルト・シュトラウスの“ツァラトゥストラはかく語りき”、ヨハン・シュトラウス2世“美しく青きドナウ”、リゲティの“アトモスフェール”など。指揮はロバート・ジーグラー、演奏は日本フィルハーモニー交響楽団、合唱は東京混声合唱団が担当し、公演時間は休憩を挟んで約160分を予定。映像は日本語字幕付きで上映される。チケット一般発売は8月2日10:00からスタート。


イベント情報

『ライブ・シネマコンサート「2001年宇宙の旅」』

2015年11月25日(水)19:00~
2015年11月26日(木)14:00~
会場:東京都 渋谷 Bunkamura オーチャードホール
指揮:ロバート・ジーグラー
演奏:日本フィルハーモニー交響楽団
合唱:東京混声合唱団
料金:各回 S席10,000円 A席8,000円 B席6,000円

『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
『2001年宇宙の旅』 ©ワーナー・ブラザース
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス “Tシャツ”

6月にストリーミング配信オンリーでリリースされたアルバム『Popcorn Ballads』から“Tシャツ”のPVが公開。約1分のロックチューンに合わせた、スピード感ある清々しい映像。劇中で強制着用させられる「サニーデイサービス」TシャツはROSE RECORDSのオンラインショップで予約販売中。曽我部恵一の愛犬・コハルちゃんが送る眼差し、においを嗅ぐ姿に悶絶。(川浦)