ニュース

山口晃個展『汽車とかたな』、新時代と過去が混交する多彩作品群

『山口晃展 汽車とかたな』が、鹿児島・姶良郡湧水町の鹿児島県霧島アートの森で9月23日まで開催されている。

山口晃は、伝統的な日本の図像と現代的な事物を混合させ、大和絵や浮世絵のようなタッチで緻密に描いた作品群で知られる画家。2013年には著書『ヘンな日本美術史』で『第12回小林秀雄賞』を受賞している。また、今年2月からは茨城・水戸芸術館の現代美術ギャラリーで個展『山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ』が開催された。

『山口晃展 汽車とかたな』展では、絵画をはじめ、立体作品、漫画、インスタレーションなど多彩な作品を展示。タイトルに掲げられた「汽車」は西洋技術の輸入による新しい時代を表しており、「かたな」は幕藩体制の終焉による過去の時代を象徴しているという。

なお、関連イベントとして8月23日には山口が参加者の出したお題をもとに即興で絵を描く『お絵描き道場』を開催。9月13日には山口によるアーティストトークも行われる。申込方法などの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『山口晃展 汽車とかたな』

2015年7月17日(金)~9月23日(水・祝)
会場:鹿児島県 姶良郡湧水町 鹿児島県霧島アートの森
時間:9:00~17:00(7月20日~8月31日の土日・祝日は19:00まで、入園は閉園の30分前まで)
料金:一般800円 高大生600円 小中生400円

『お絵描き道場』
2015年8月23日(日)13:30~
会場:鹿児島県 姶良郡湧水町 鹿児島県霧島アートの森
出演:山口晃
定員:50名(要事前申込)
料金:無料

アーティストトーク
2015年9月13日(日)13:30~
会場:鹿児島県 姶良郡湧水町 鹿児島県霧島アートの森
出演:山口晃
定員:90名(要事前申込)
料金:無料

『地下鐵道乃圖』2007 紙にペン、水彩 45.6x93.7cm 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『地下鐵道乃圖』2007 紙にペン、水彩 45.6x93.7cm 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
表紙原画『宮沢賢治』編 2006 紙にペン、水彩 39.3x29.3cm 撮影:木奥恵三 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
表紙原画『宮沢賢治』編 2006 紙にペン、水彩 39.3x29.3cm 撮影:木奥恵三 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『露電』2010 ミクストメディア 219x100x250cm 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『露電』2010 ミクストメディア 219x100x250cm 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
ポスター用描きおろし原画『続・無残ノ介』2007 紙にペン、墨、水彩 51.7×73.5cm 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
ポスター用描きおろし原画『続・無残ノ介』2007 紙にペン、墨、水彩 51.7×73.5cm 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『続・無残ノ介』2007 カンヴァスに油彩、水彩、墨、ペン 可変 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『続・無残ノ介』2007 カンヴァスに油彩、水彩、墨、ペン 可変 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー