ニュース

『くまのパディントン』が実写映画化、2016年1月公開

実写映画『パディントン』が2016年1月15日に公開される。

イギリスの作家マイケル・ボンドによる児童小説『くまのパディントン』をもとにした同作。原作は、40か国語に翻訳されており、世界で3千5百万部以上の売上を記録している。ペルーのジャングルの奥地からロンドンのパディントン駅を訪れ、駅で出会ったブラウン一家に「パディントン」と名づけられた紳士的なクマの物語が描かれる。

パディントンの声を担当したのは『007 スカイフォール』『007 スペクター』や『クラウド アトラス』などの出演で知られるベン・ウィショー。ブラウン一家の父をヒュー・ボネヴィル、母をサリー・ホーキンス、パディントンをつけ狙う謎の美女・ミリセントをニコール・キッドマンが演じるほか、サリー・ホーキンス、ジム・ブロードベントがキャストに名を連ねている。製作は、『ハリー・ポッター』シリーズや『ゼロ・グラビティ』を手掛けたデヴィッド・ハイマンが担当している。

今回の発表とあわせて公開された特報では、赤い帽子を被ったパディントンが、駅で袋の中から顔を出す様子が映し出されている。

作品情報

『パディントン』

2016年1月15日(金)から全国で公開
監督:ポール・キング
原作:マイケル・ボンド
出演:
ヒュー・ボネヴィル
サリー・ホーキンス
ジュリー・ウォルターズ
ジム・ブロードベント
ニコール・キッドマン
声の出演:ベン・ウィショー
配給:キノフィルムズ

『パディントン』 ©2014 STUDIOCANAL S.A.  TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear, Paddington AND PB are trademarks of Paddington and Company Limited
『パディントン』 ©2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear, Paddington AND PB are trademarks of Paddington and Company Limited
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化