ニュース

「広島」問う『早稲田文学』秋号、安保法案アンケートに87人が回答

季刊文芸誌『早稲田文学 2015年秋号』が、本日8月7日に刊行された。

今号の特集は「広島について、いろんなひとに聞いてみた」。表紙と巻頭は篠山紀信が撮影した大江健三郎の写真が飾るほか、市川真人による大江へのインタビュー「半世紀後の『ヒロシマ・ノート』」が掲載されている。さらに重松清によるジャーナリストの堀川恵子へのインタビューや、市川と小山田浩子による栗原健太(広島東洋カープ)へのインタビューなどが掲載。執筆者には大久秀憲、佐々木俊輔、港千尋、笹岡啓子らが名を連ねている。

また同誌では、7月に衆議院を通過した安全保障関連法案について、過去に同誌で執筆などを依頼した作家、批評家らを対象にしたアンケートを実施。約48時間の実施期間で集まった佐々木敦、大塚英志、浅田彰、宮内悠介、石原千秋、四方田犬彦、勝谷誠彦、中村文則、小林エリカ、いしいしんじ、笙野頼子、荻世いをら、阿部和重ら87人の回答が掲載されている。

なお、小特集「昏い部屋の女たち」では初の日本語訳となるアンナ・カヴァンの短編作品や、同じく初訳となるジューナ・バーンズの詩などが掲載。さらにカズオ・イシグロと杏が語り合ったトークイベントの記事や、谷原章介が西川美和監督と語り合う企画記事なども掲載されている。

書籍情報

『早稲田文学 2015年秋号』

2015年8月7日(金)発売
価格:1,620円(税込)
発行:早稲田文学会
発売:筑摩書房

amazonで購入する

『早稲田文学 2015年秋号』表紙
『早稲田文学 2015年秋号』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで