ニュース

日本のサブカルチャーを「終末」から紐解く『戦後サブカル年代記』

書籍『戦後サブカル年代記 日本人が愛した「終末」と「再生」』が、8月24日に刊行された。

同書は、第二次世界大戦後の日本社会やサブカルチャーの流れを「終末カルチャー」の歴史という切り口から捉えた評論集。取り上げられている題材は、映画『ゴジラ』や五島勉の著書『ノストラダムスの大予言』、小松左京『日本沈没』、楳図かずお『漂流教室』、村上春樹『世界の終わりとワンダーランド』、鶴見済『完全自殺マニュアル』、伊藤計劃『虐殺器官』、諫山創『進撃の巨人』、アニメ『宇宙戦艦ヤマト』『AKIRA』『風の谷のナウシカ』『新世紀エヴァンゲリオン』、SEKAI NO OWARIなど。

著者は『YMOコンプレックス』『ゼロ年代の論点 ウェブ・郊外・カルチャー』や共著書『バンド臨終図巻』などを手掛けてきた音楽ライターで文芸評論家の円堂都司昭。

書籍情報

『戦後サブカル年代記 日本人が愛した「終末」と「再生」』

2015年8月24日(月)発売
著者:円堂都司昭
価格:2,592円(税込)
発行:青土社

amazonで購入する

円堂都司昭『戦後サブカル年代記 日本人が愛した「終末」と「再生」』表紙
円堂都司昭『戦後サブカル年代記 日本人が愛した「終末」と「再生」』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと