ニュース

ニキ・ド・サンファル回顧展に100点超、「射撃絵画」で知られる仏女性作家

『ニキ・ド・サンファル展』が、9月18日から東京・六本木の国立新美術館で開催される。

ファッション誌『VOGUE』などでモデル活動をしていた事でも知られるニキ・ド・サンファルは、1930年にフランス系アメリカ人の母とフランス人の父との間に生まれた美術家。1953年に精神疾患の治療のために取り組んだ絵画制作をきっかけにして芸術家を志したニキは、絵具を入れた缶や袋を石膏で付着させた絵画に銃を撃つことで完成する「射撃絵画」を1961年に発表。その後は解放的な女性像を示した彫刻『ナナ』シリーズのほか、映画、舞台の制作、「タロット・ガーデン」と称される彫刻庭園に代表されるように建築デザインにも積極的に取り組み、様々な創作活動を展開した。

同展では、社会における女性のあり方を主題とした作品を数多く残したことでも知られるニキの半世紀にわたる活動を紹介。昨年にフランス・パリのグラン・パレで開催された大回顧展の要素を取り入れて構成され、日本初公開の作品を含む初期から晩年までの国内外の主要作品100点以上が展示される。さらに、2011年に閉館したニキ美術館の創立者で、20年以上にわたりニキと交流を続けたYoko増田静江とニキの関係を通じて、日本とニキの交流に焦点を当てる。

会期中には、関連イベントとして記念公演会やシンポジウムが行われるほか、ニキの誕生日に合わせて『ニキ・ウィーク』と題したイベントが10月24日から開催。詳細はオフィシャルサイトから確認しよう。

イベント情報

『ニキ・ド・サンファル展』

2015年9月18日(金)~12月14日(月)
会場:東京都 六本木 国立新美術館
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入場は開館の30分前まで)
休館日:火曜(9月22日、11月3日は開館)、11月4日
料金:一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料

『ニキ・ド・サンファル展』チラシビジュアル
『ニキ・ド・サンファル展』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今