ニュース

アニメ『すべてがFになる』声優陣判明、OP曲はKANA-BOON

10月8日からフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送されるアニメ『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』の声優陣と主題歌が発表された。

同作は、森博嗣の推理小説『すべてがFになる』と『四季』シリーズをもとにしたテレビアニメ。『すべてがFになる』は森のデビュー作となり、昨年にはテレビドラマ化もされた。アニメ版は神戸守が監督を務め、A-1 Picturesがアニメーション制作を担当。キャラクター原案は漫画家の浅野いにおが手掛けている。

今回発表された声優陣は、建築学科の准教授を務める主人公・犀川創平役の加瀬康之、犀川の大学の学生で、共に事件を解決する西之園萌絵役の種崎敦美、「人類のうちでもっとも神に近い」と言われる天才プログラマー・真賀田四季役の木戸衣吹。あわせてオープニングテーマがKANA-BOON“talking”、エンディングテーマがシナリオアート“ナナヒツジ”になることも判明した。両曲を収めたスプリットシングル『talking / ナナヒツジ』が11月11日にリリースされる予定だ。

9月30日には同作の先行上映イベント『すべてがFesになる』が、東京・お台場のZepp Tokyoで開催。当日は第1話と第2話が放送に先駆けて上映されるほか、KANA-BOONとシナリオアートのミニライブや、メインキャスト3人によるトークショーが行われる。チケット先行予約は現在受付中。

なお、『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』の本編カットを使用したテレビCMが、本日9月3日放送の『乱歩奇譚』内で初オンエアされる。

森博嗣のコメント

『すべてがFになる』は、執筆順では第4作、出版ではデビュー作です。これまでに、ゲーム、漫画、ドラマになりましたが、アニメは初めて。既に脚本を読ませていただきました。『四季』の内容も一部取り入れ、丁寧にストーリィが描かれています。また、アニメ独自の設定もあって、面白くなりそう。動いている絵を見たい、と思いました。楽しみにしています。

KANA-BOONのコメント

今回、「talking」という楽曲でオープニング・テーマを担当します、KANA-BOONです。
「talking」はタイトル通り“コミュニケーション”を歌った楽曲です。
印象的な会話劇が繰り広げられるこの作品にぴったりだと思いますし、作品に漂う空気感にもマッチしたサウンドで、とてもかっこいい仕上がりになりました。
もちろん、僕達のファンの皆さんにも喜んでもらえるものになったと思います。
僕も今から放送が楽しみです!

シナリオアートのコメント

「すべてがFになる」の主題歌に選んでいただき大変嬉しく思っています。
天才・孤独・思考、この作品の中で僕の琴線に触れたキーワードがこれです。
自分の考えと社会が同じでなかったとしても自分の頭で思考を続けること。
その孤独な思考が、いつか世界を変える力を生み出すかもしれないという思いからこの曲が生まれました。

番組情報

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』

2015年10月8日(木)から毎週木曜24:55にフジテレビほかで放送
監督:神戸守
シリーズ構成・脚本:大野敏哉
脚本:渡辺雄介、雨宮まみ
原作: 森博嗣『すべてがFになる』、『四季(全4冊)』(講談社文庫刊)
キャラクター原案:浅野いにお
オープニングテーマ:KANA-BOON“talking”
エンディングテーマ:シナリオアート“ナナヒツジ”
アニメーション制作:A-1 Pictures
声の出演:
加瀬康之
種崎敦美
木戸衣吹

イベント情報

『すべてがFesになる』

2015年9月30日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo
トーク:
加瀬康之
種崎敦美
木戸衣吹
ライブ:
KANA-BOON
シナリオアート
料金:2,500円(ドリンク別)

リリース情報

KANA-BOON / シナリオアート
『talking / ナナヒツジ』初回盤A(CD+DVD)

2015年11月11日(水)発売
価格:1,998円(税込)
KSCL-2631/2

リリース情報

KANA-BOON / シナリオアート
『talking / ナナヒツジ』初回盤B(CD+DVD)

2015年11月11日(水)発売
価格:1,890円(税込)
KSCL-2633/4

リリース情報

KANA-BOON / シナリオアート
『talking / ナナヒツジ』通常盤(CD)

2015年11月11日(水)発売
価格:1,512円(税込)
KSCL-2635

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』キービジュアル ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』キービジュアル ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開