ニュース

アニメ『すべてがFになる』声優陣判明、OP曲はKANA-BOON

10月8日からフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送されるアニメ『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』の声優陣と主題歌が発表された。

同作は、森博嗣の推理小説『すべてがFになる』と『四季』シリーズをもとにしたテレビアニメ。『すべてがFになる』は森のデビュー作となり、昨年にはテレビドラマ化もされた。アニメ版は神戸守が監督を務め、A-1 Picturesがアニメーション制作を担当。キャラクター原案は漫画家の浅野いにおが手掛けている。

今回発表された声優陣は、建築学科の准教授を務める主人公・犀川創平役の加瀬康之、犀川の大学の学生で、共に事件を解決する西之園萌絵役の種崎敦美、「人類のうちでもっとも神に近い」と言われる天才プログラマー・真賀田四季役の木戸衣吹。あわせてオープニングテーマがKANA-BOON“talking”、エンディングテーマがシナリオアート“ナナヒツジ”になることも判明した。両曲を収めたスプリットシングル『talking / ナナヒツジ』が11月11日にリリースされる予定だ。

9月30日には同作の先行上映イベント『すべてがFesになる』が、東京・お台場のZepp Tokyoで開催。当日は第1話と第2話が放送に先駆けて上映されるほか、KANA-BOONとシナリオアートのミニライブや、メインキャスト3人によるトークショーが行われる。チケット先行予約は現在受付中。

なお、『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』の本編カットを使用したテレビCMが、本日9月3日放送の『乱歩奇譚』内で初オンエアされる。

森博嗣のコメント

『すべてがFになる』は、執筆順では第4作、出版ではデビュー作です。これまでに、ゲーム、漫画、ドラマになりましたが、アニメは初めて。既に脚本を読ませていただきました。『四季』の内容も一部取り入れ、丁寧にストーリィが描かれています。また、アニメ独自の設定もあって、面白くなりそう。動いている絵を見たい、と思いました。楽しみにしています。

KANA-BOONのコメント

今回、「talking」という楽曲でオープニング・テーマを担当します、KANA-BOONです。
「talking」はタイトル通り“コミュニケーション”を歌った楽曲です。
印象的な会話劇が繰り広げられるこの作品にぴったりだと思いますし、作品に漂う空気感にもマッチしたサウンドで、とてもかっこいい仕上がりになりました。
もちろん、僕達のファンの皆さんにも喜んでもらえるものになったと思います。
僕も今から放送が楽しみです!

シナリオアートのコメント

「すべてがFになる」の主題歌に選んでいただき大変嬉しく思っています。
天才・孤独・思考、この作品の中で僕の琴線に触れたキーワードがこれです。
自分の考えと社会が同じでなかったとしても自分の頭で思考を続けること。
その孤独な思考が、いつか世界を変える力を生み出すかもしれないという思いからこの曲が生まれました。

番組情報

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』

2015年10月8日(木)から毎週木曜24:55にフジテレビほかで放送
監督:神戸守
シリーズ構成・脚本:大野敏哉
脚本:渡辺雄介、雨宮まみ
原作: 森博嗣『すべてがFになる』、『四季(全4冊)』(講談社文庫刊)
キャラクター原案:浅野いにお
オープニングテーマ:KANA-BOON“talking”
エンディングテーマ:シナリオアート“ナナヒツジ”
アニメーション制作:A-1 Pictures
声の出演:
加瀬康之
種崎敦美
木戸衣吹

イベント情報

『すべてがFesになる』

2015年9月30日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo
トーク:
加瀬康之
種崎敦美
木戸衣吹
ライブ:
KANA-BOON
シナリオアート
料金:2,500円(ドリンク別)

リリース情報

KANA-BOON / シナリオアート
『talking / ナナヒツジ』初回盤A(CD+DVD)

2015年11月11日(水)発売
価格:1,998円(税込)
KSCL-2631/2

リリース情報

KANA-BOON / シナリオアート
『talking / ナナヒツジ』初回盤B(CD+DVD)

2015年11月11日(水)発売
価格:1,890円(税込)
KSCL-2633/4

リリース情報

KANA-BOON / シナリオアート
『talking / ナナヒツジ』通常盤(CD)

2015年11月11日(水)発売
価格:1,512円(税込)
KSCL-2635

『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』キービジュアル ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』キービジュアル ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』 ©森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年