ニュース

『モントルー・ジャズ』日本版にジャイルス、MALA & COKIら20組超

音楽イベント『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015』が、10月1日から東京都内の各所で開催される。

『モントルー・ジャズ・フェスティバル』は、スイス・レマン湖畔にあるモントルーで1967年から開催されている世界最大級のジャズイベント。日本版となる『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015』では、「ジャズ」をキーワードにしながら、多彩なジャンルのミュージシャンやDJによる全12公演が予定されている。

現在までに明らかになっている出演者は、ジャイルス・ピーターソン、松浦俊夫、MOCKY、CHASSOL、PSYCHEMAGIK、EDDIE C、FLO MORRISSEY、青葉市子、アール・ジンガー、MALA & COKI、GOTH-TRADら23組。出演者は今後も追加発表される。各公演の詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。チケットは現在発売中。

なおジャイルス・ピーターソンは、同イベントについて「若い頃からスイスのモントルーに出掛けては、ジャズのエネルギーを存分に味わったものだよ。アンディ・ナレル、マイケル・アーバニアック、ミシェル・ペトルチアーニ......みんなから、いろいろ学んだんだ。あれから10年。今回、日本での出演者に加われたのは、自然の成り行きと言っていいね。素晴らしい一夜を楽しみにしているよ」とコメント。

また松浦俊夫は「半世紀続くヨーロッパ最大のジャズ・フェスティバルの東京開催を祝うとともに、その記念すべきときに自分がDJとして、そして、バンドHEXを率いてステージに立てるのは、この上ない喜びです。地元代表として全力で日本のクリエイティビティを皆さんの前で披露したいと思います」と語っている。

イベント情報

『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015』

『Opening Night by ARBAN』
2015年10月1日(木)START 19:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
出演:
GILLES PETERSON
TOSHIO MATSUURA
MOCKY
CHASSOL
料金:前売6,500円 当日7,000円(共にドリンク別)

『RAINBOW DISCO CLUB』
2015年10月2日(金)START 23:30
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
出演:
PSYCHEMAGIK
EDDIE C
77KARAT GOLD
CHIDA
KIKIORIX
SISI
TORU HASHIMOTO
料金:前売3,500円 当日4,000円

『晴れたら空に豆まいて』
2015年10月9日(金)OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京都 代官山 晴れたら空に豆まいて
出演:
FLO MORRISSEY
青葉市子
料金:前売4,000円 当日4,500円(共にドリンク別)

『ARBAN Club』
2015年10月10日(土)START 23:30
会場:東京都 代官山 UNIT
出演:
GILLES PETERSON
EARL ZINGER
MELANIE DE BIASIO
TOSHIO MATSUURA presents HEX
YOSI HORIKAWA
SHHHHH
and more
料金:前売4,000円 当日4,500円

DBS 19th Anniversary
『MALA & COKI -Digital Mystikz』

2015年10月11日(日)START 23:30
会場:東京都 代官山 UNIT
出演:
MALA & COKI
MAMADOU DOUMBIA
GOTH-TRAD
and more
料金:前売3,800円 当日3,300円

『MJFJ PREMIUM LIVE FEAT. DAVID SANBORN -TIME AND THE RIVER-』
2015年10月19日(月)~10月22日(木)
会場:東京都 表参道 BLUE NOTE TOKYO
出演:DAVID SANBORN
料金:各回10,800円

『MJFJ PREMIUM LIVE FEAT. JOHN McLAUGHLIN & THE 4TH DIMENSION』
2015年10月23日(金)~10月25日(日)
会場:東京都 表参道 BLUE NOTE TOKYO
出演:JOHN McLAUGHLIN & THE 4TH DIMENTION
料金:各回8,800円

『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015』ロゴ
『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015』ロゴ
『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015』メインビジュアル
『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015』メインビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年