ニュース

杉本博司の大規模展、自身の収集品&日本初公開の写真作品を展示

杉本博司の個展『趣味と芸術―味占郷 / 今昔三部作』が、10月28日から千葉・千葉市美術館で開催される。

1990年代以降、国際的に高い評価を獲得し、アメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館やグッゲンハイム美術館をはじめとする国内外の美術館で展覧会を行っている杉本博司。2014年には『第1回イサム・ノグチ賞』を受賞したほか、近年は文楽や能といった古典芸能の舞台美術や演出を手掛けるなど、幅広い表現を行っている。

千葉市美術館の開館20周年を記念して開催される今回の展覧会は、「趣味と芸術―味占郷」「今昔三部作」の2部構成となる。1979年からニューヨークで古美術店を営み、自ら古美術品を収集している杉本のコレクションを紹介する「趣味と芸術―味占郷」では、杉本が『婦人画報』での連載「謎の割烹 味占郷」の中でゲストのためにデザインした床飾りを再現。平安時代から江戸時代の古物を中心に、古今東西の品々を杉本自身が組み合わせて作り上げた25種の演出を見ることができる。

「今昔三部作」では、杉本の代表作である『ジオラマ』『劇場』『海景』の写真作品シリーズから16点を大判プリントで展示。横幅4メートルを超える『ジオラマ』シリーズの最新作『オリンピック雨林』や、『劇場』シリーズの最新作『テアトロ・デイ・ロッツィ、シエナ』も日本初公開される。

関連イベントとして、10月31日には杉本による講演会を開催。また、11月7日には杉本と茶道の武者小路千家15代家元後嗣・千宗屋が「趣味と芸術」について語る対談が行われる。イベントの参加には事前の申込が必要。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

開館20周年記念展
杉本博司
『趣味と芸術―味占郷 / 今昔三部作』

2015年10月28日(水)~12月23日(水・祝)
会場:千葉県 千葉市美術館
時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:11月2日、12月7日
料金:一般1,200円 大学生700円
※小・中学生、高校生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※11月3日は開館20周年記念日のため無料

杉本博司『カリブ海、ジャマイカ』1980年 ©Hiroshi Sugimoto/ Courtesy of Gallery Koyanagi
杉本博司『カリブ海、ジャマイカ』1980年 ©Hiroshi Sugimoto/ Courtesy of Gallery Koyanagi
『月下紅白梅図』2014年 杉本博司 撮影:杉本博司
『月下紅白梅図』2014年 杉本博司 撮影:杉本博司
軸『梅花の偈』一休宗純、『雨樋銅花入 銘咲甫大夫』 撮影:森山雅智 © Hearst Fujingaho
軸『梅花の偈』一休宗純、『雨樋銅花入 銘咲甫大夫』 撮影:森山雅智 © Hearst Fujingaho
『阿古陀形兜』鎌倉時代、『夏草』2015年 須田悦弘 撮影:杉本博司
『阿古陀形兜』鎌倉時代、『夏草』2015年 須田悦弘 撮影:杉本博司
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年