漫画『高台家の人々』実写映画化、OLと美男子テレパスのラブコメ

漫画『高台家の人々』が実写映画化。2016年に公開されることがわかった。

『高台家の人々』は、ドラマ化もされている『ごくせん』『研修医なな子』『デカワンコ』などの作品で知られる森本梢子が『月刊YOU』で連載中の作品。人の心を読むことができるエリートサラリーマン・高台光正や、その祖母でイギリス人のアンら高台家の人々と、スケールの大きな妄想をすることが趣味の平凡なOL・平野木絵を巡る恋愛模様を描いたラブコメディーだ。宝島社のムック本『このマンガがすごい! 2015』オンナ編で6位にランクインしたほか、昨年『エンタミクス』で発表された「NEXTブレイク漫画RANKING BEST50」では1位に輝いている。

映画版のキャストなどは、現時点では明らかになっていない。なお9月25日には『高台家の人々』の単行本最新刊となる4巻が発売される。

作品情報

『高台家の人々』

2016年公開
原作:森本梢子『高台家の人々』(集英社)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 漫画『高台家の人々』実写映画化、OLと美男子テレパスのラブコメ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて