石田尚志が描いてNerholが彫る、制作パフォーマンス捉えた展覧会

石田尚志とNerholの展覧会『PERFORMANCE / 8.6.2015』が、本日9月12日から東京・六本木のYKG Galleryで開催される。

絵画のプロセスである「描くこと」に着目し、「ドローイング・アニメーション」という手法で映像インスタレーションを生み出す画家・映像作家の石田尚志と、田中義久と飯田竜太が互いの思考論を融合させながら作品を制作する、アートユニットのNerholによる同展。

会場では、8月6日に行われた両者によるパフォーマンスを通じて制作された5つの作品を展示。石田が描き、Nerholが彫って組み立てるというプロセスを捉えた、映像作家・鈴木余位によるドキュメント映像作品も上映される。

イベント情報

石田尚志×Nerhol
『PERFORMANCE / 8.6.2015』

2015年9月12日(土)~10月10日(土)
会場:東京都 六本木 YKG Gallery
時間:13:00~18:00
休廊日:日~火曜、祝日
料金:無料

オープニングレセプション
2015年9月12日(土)18:00~20:00

  • HOME
  • Art,Design
  • 石田尚志が描いてNerholが彫る、制作パフォーマンス捉えた展覧会

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて