『奇界遺産』佐藤健寿が監修、人工衛星で世界120か所捉えた写真集

佐藤健寿が監修を手掛けた写真集『SATELLITE』が、9月18日に刊行される。

佐藤健寿は、世界の奇妙な建築物や場所を撮影した写真集『奇界遺産』や、ヒマラヤの雪男、チベットの地下王国、中国の謎の生命体を追った著書『ヒマラヤに雪男を探す』などを発表している写真家、著述家。オカルト情報サイト「X51.ORG」では主宰を務めている。

佐藤が全編にわたって監修、画像調整を担当した『SATELLITE』は、人工衛星を用いて地上600キロメートルから超高解像度で撮影された世界120か所の写真を収録した写真集。撮影は世界最大級の民間人工衛星撮影企業であるアメリカ・デジタルグローブ社の全面協力のもとで行われたという。収録作品は「聚落」「構造」「産業」「特異」「自然」の5ジャンルに分けて掲載、解説される。


書籍情報

『SATELLITE』

2015年9月18日(金)発売
監修・解説・画像調整:佐藤健寿
価格:4,104円(税込)
発行:朝日新聞出版

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『奇界遺産』佐藤健寿が監修、人工衛星で世界120か所捉えた写真集

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて