漫画に特化したブックデザイン本、カテゴリー別に魅力を案内

書籍『良いコミックデザイン』が、9月18日に刊行される。

漫画単行本の装丁に注目する同書。物語に引き込む仕掛け、ホログラムなどの特殊印刷、創意工夫をこらしたデザインやタイトルロゴ、パロディーやオマージュなど、装丁の魅力をカテゴリーに分けて紹介する。著者はブログ「漫画と装丁の紹介ブログ『良いコミック』」を運営するKT.。

同書で取り上げられている作品は、藤村歩実『春になるとウズウズしちゃう』、市川春子『宝石の国』、えすとえむ『その男、 甘党につき』、秋★枝『恋は光』、楳図かずお『14歳』、桜井画門『亜人』、大今良時『聲の形』、森繁拓真『となりの関くん』、岩岡ヒサエ『土星マンション』、田島列島『子供はわかってあげない』、鳴見なる『ラーメン大好き小泉さん』、笠井スイ『ジゼル・アラン』、久遠まこと『ひきょたん!!』など。


書籍情報

『良いコミックデザイン』

2015年9月18日(金)発売
著者:KT.
価格:3,132円(税込)
発行:パイ インターナショナル

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 漫画に特化したブックデザイン本、カテゴリー別に魅力を案内

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて