ニュース

死んでも蘇る主人公、劇場版『亜人』新ビジュアル&予告編

3部作で公開される劇場版アニメ『亜人』の新ビジュアル、予告映像が公開された。

2012年から『good!アフタヌーン』に連載されている桜井画門の同名漫画をもとにした同作。交通事故で死亡した直後に謎の蘇生を果たし、国内で3例目となる不死の新人類「亜人」であることが判明した高校生の永井圭を主人公に、亜人と彼らを追う警察や亜人管理委員会の戦いを描く。

公開されたビジュアルは、メインビジュアルと本編の場面カット。場面カットでは、主人公の圭がニュースで逃亡した亜人として報道されている場面をはじめ、圭の幼馴染である海斗、厚生労働省亜人管理委員会の責任者・戸崎優、戸崎の秘書でボディーガード・下村泉らのビジュアルが確認できる。

予告編では亜人について教えている学校での場面をはじめ、交通事故後に蘇り、周囲の学生たちに「亜人だ」と囁かれる圭の姿などが盛り込まれている。圭役の宮野真守のほか、海斗役の細谷佳正、佐藤役の大塚芳忠、戸崎役の櫻井孝宏ら声優陣の声も確認出来る。

ビジュアルと予告編の公開に合わせて、第1部となる『「亜人」第1部「衝動」』の公開日が11月27日になることが発表。さらに主題歌がflumpoolの新曲“夜は眠れるかい?”になることも明らかになった。


山村隆太(flumpool)のコメント

メンバー一同大ファンだった「亜人」。今回その主題歌を歌わせてもらえることを光栄に思います。 “死ねばわかる”このキーワードからわかる、「亜人」の特質な世界を果たして歌で表現できるか、答えのない壁の前で試行錯誤の連続でした。主人公の絶望。逃れられない運命から逃れるには……?信じるもののない世界で信じるものとは……?目覚めることのない現実の中で夢とは……?人は追われ続ける時、何を追いかけるのか。何を求め、何に争うのか。この「亜人」の世界観を、瀬下総監督が率いる日本一のスタッフ陣とともに僕らも微力ながら歌で伝えていければいいなと思っています。

作品情報

『「亜人」第1部「衝動」』

2015年11月27日(金)からTOHOシネマズ新宿ほかで公開
総監督:瀬下寛之
監督:安藤裕章
脚本・シリーズ構成:瀬古浩司
原作:桜井画門(講談社)
主題歌:flumpool“夜は眠れるかい?”
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
声の出演:
宮野真守
細谷佳正
大塚芳忠
櫻井孝宏
小松未可子
平川大輔
洲崎綾
木下浩之
配給:東宝映像事業部

『「亜人」第1部「衝動」』メインビジュアル ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』メインビジュアル ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』より ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』より ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』より ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』より ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』より ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』より ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』より ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』より ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』より ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
『「亜人」第1部「衝動」』より ©桜井画門・講談社/亜人管理委員会
画像を拡大する(18枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年