廃ビル舞台のアート展『#BCTION』、Shing02ら登場の公式本

アートプロジェクト『#BCTION』のオフィシャルマガジン『#BCTION art magazine』が、本日9月16日に刊行された。

昨年8月から9月にかけて、取り壊しが予定されていた東京・麹町のオフィスビルを舞台に行われた『#BCTION』。9階建てのビル全体を使って80組以上のアーティストが作品を発表し、約2週間の会期で1万5千人以上の来場者を集めた。

152ページにおよぶ『#BCTION art magazine』では、展示風景を記録した写真や様々なクリエイターへのインタビューなどから同プロジェクトを分析。インタビュイーや寄稿者には、Shing02、佐々木あらら、米光一成をはじめ、『#BCTION』のオーガナイザーである嶋本丈士、大山康太郎らが名を連ねている。また大山エンリコイサムと社会学者のエイドリアン・ファヴェルによる交換文書や、1万件を超える投稿があったという『#BCTION』にまつわるInstagramのポストも紹介される。

なお同書は、東京、千葉、大阪、名古屋のカフェやギャラリーに加え、Amazonでも販売される。取り扱い店舗の詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。

書籍情報

『#BCTION art magazine』

2015年9月16日(水)発売
価格:1,620円(税込)
発行:BCTION

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 廃ビル舞台のアート展『#BCTION』、Shing02ら登場の公式本

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて