ニュース

大正時代の美学生3人による雑誌『月映』、創刊の歴史辿る展覧会

『月映』展が、9月19日から東京・丸の内の東京ステーションギャラリーで開催される。

『月映』は、20代前半の美術学生だった田中恭吉、藤森静雄、恩地孝四郎が1914年に創刊させた雑誌。3人による自画自刻・機械刷りの木版画や詩が掲載され、創刊号の編集は恩地が1人で手掛けたという。発行は画家・詩人の竹久夢二が懇意にしていたという出版社・洛陽堂が行い、田中が結核によって逝去した頃に、創刊から約1年で終刊を迎えた。

同展では公刊版『月映』の紹介を中心に、田中と藤森、恩地の出会いや、同誌の準備期間に制作された限定の私家版『月映』、田中の死後に発刊された萩原朔太郎の初詩集『月に吠える』に関連する作品や資料など約300点を展示。『月に吠える』には、田中のペン画と恩地の木版画が収録されている。会期中には展示替えも予定されている。

イベント情報

『月映』展

2015年9月19日(土)~11月3日(火・祝)
会場:東京都 丸の内 東京ステーションギャラリー
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(9月21日、10月12日、11月2日は開館)、10月13日
料金:一般900円 高校・大学生700円
※障がい者手帳等持参の方は100円引き、その介添者1名は無料
※小・中学生は無料

恩地孝四郎『望と怖』1914年頃 個人蔵
恩地孝四郎『望と怖』1914年頃 個人蔵
田中恭吉『冬虫夏草』1914年 愛知県美術館
田中恭吉『冬虫夏草』1914年 愛知県美術館
藤森静雄『亡びゆく肉』1915年 愛知県美術館
藤森静雄『亡びゆく肉』1915年 愛知県美術館
田中恭吉『死人とあとに残れるもの』1914年 和歌山県立近代美術館
田中恭吉『死人とあとに残れるもの』1914年 和歌山県立近代美術館
公刊『月映』VII 1915年11月発行 和歌山県立近代美術館
公刊『月映』VII 1915年11月発行 和歌山県立近代美術館
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ファントム・スレッド』予告編

もしかしてファッションの世界を描いた、華やかでおしゃれなだけの映画だと思っていませんか? 確かに、映像は全編息を呑むほど美しいのですが、本作の最大の見どころは、男女のいびつな愛と欲望の形。画面に緊張感を与える「音」の演出が、エレガントな衣装のダニエル・デイ=ルイスとビッキー・クリープスの心を裸にしていきます。(久野)

  1. ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生 1

    ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生

  2. 山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も 2

    山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も

  3. 今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も 3

    今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も

  4. 『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る 4

    『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る

  5. 綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM 5

    綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM

  6. 大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える 6

    大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える

  7. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 7

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  8. 『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組 8

    『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組

  9. 『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加 9

    『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加

  10. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 10

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎