特集 PR

クラフト・エヴィング商會が雑誌『月映』に見る、もの作りの原点

クラフト・エヴィング商會が雑誌『月映』に見る、もの作りの原点

インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望

『月映』(つくはえ)は、今から約100年前、大正期の若き美術学生三人による木版画と詩の作品集。仲間内での手作りZINEのような「回覧雑誌」を出発点にした彼らは、やがて出版社からの新雑誌刊行というチャンスをつかみます。しかし、妖しく冴える月光のように鮮烈な印象を放った『月映』は、約1年間、計7号という短い活動期間で終刊しました。

結核と闘いながら命を刻むように創作した田中恭吉。彼に触発されつつ物語性・精神性の宿る世界を紡いだ藤森静雄。そして、日本で最初期に抽象表現へと進んだ恩地孝四郎。『月映』は、そんな三人の衝動と友情から生まれたものです。

未だミステリアスな印象も強いその全貌を、約330点の貴重な作品・資料で解き明かす『月映』展が、東京ステーションギャラリーで開かれています。今回、その世界観とどこか通じるものを感じさせる作家・装幀家ユニット「クラフト・エヴィング商會」の吉田篤弘さん、浩美さんが、同展を体験。架空の書物や商品による摩訶不思議な創作で知られる彼らが、知られざる『月映』の歴史にふれ、創造と発見、孤独と普遍について語りました。

若いころの衝動に駆られて生まれたものには、「そのときならでは」としか言いようのない何かが宿ります。(吉田篤弘)

―『月映』は、東京美術学校(現・東京藝術大学)の学生三人の作品で構成された月刊の雑誌です。自作の木版画や詩を寄せ合い、編集・装幀も自分たちで行いました。クラフト・エヴィング商會のお二人も、物語や造型作品から書籍の装幀、デザインまで自ら手がけていますが、『月映』展にはどんな印象を持ちましたか?

吉田篤弘(以下、篤弘):じつは『月映』を詳しくは知らなかったのですが、僕も子どもの頃から似たようなことをやっていたので共感します。小学3年生くらいから、自分で書いたニュースや小説、漫画を1枚の大きな紙にレイアウトし、壁新聞として教室や自宅に貼り出していました。小学校高学年になると、文章に絵を添えた自作本を従兄弟と作り合って交換したり。10代の終わりごろまで、手描きの一点本をずいぶんたくさん作り、親しい人に贈りましたね。

公刊『月映』Ⅶ 1915年11月1日発行 和歌山県立近代美術館蔵
公刊『月映』Ⅶ 1915年11月1日発行 和歌山県立近代美術館蔵

田中恭吉『太陽と花』1913年(『密室』8 1914年2月より) 和歌山県立近代美術館蔵
田中恭吉『太陽と花』1913年(『密室』8 1914年2月より) 和歌山県立近代美術館蔵

吉田浩美(以下、浩美):それ、私も学生のときもらったね(笑)。私は20歳を過ぎてから、デザイン事務所で働く傍ら「小さな本」を作っていました。シルクスクリーンや「プリントゴッコ」を使って複数部を手で印刷し、装幀もいろんな形態を試し、展覧会を開くなどしていました。

―『月映』展でも、若い学生たちがまず仲間内で手作りの「回覧雑誌」作りから始めたことがわかります。今なら少部数で自由に作るZINEにも通じそうです。

篤弘:若いころの衝動に駆られて生まれたものには、「そのときならでは」としか言いようのない何かが宿ります。また、今の自分に引き付けて考えると、依頼仕事も含めて作り続ける中で、はたと「もともと自分の内にあった衝動はどんなものだったろうか?」と原点に立ち戻りたくなるときもあります。今回、展示を観て、あらためてそれを感じました。

クラフト・エヴィング商會 左から吉田浩美、吉田篤弘
クラフト・エヴィング商會 左から吉田浩美、吉田篤弘

―『月映』は、竹久夢二の『夢二画集』や、文芸誌『白樺』を発行していた出版社・洛陽堂にその心意気を買われ、一般雑誌として発行(各号200部)されました。今回はその全7号に加え、それ以前に作られた私家版6号ぶんにもふれられます。双方に内容の変化は感じましたか?

篤弘:手刷りの私家版も、機械刷りで公刊版として出版されてからも、ブレずにやりたいことを貫いた印象を受けます。結局、田中は結核で夭逝し、公刊版は約1年で終刊した。だからこそ、とても純粋なものが凝縮したまま残っているようにも思います。

―『月映』の木版画のどんな部分に、魅力を感じますか?

篤弘:1つは「かすれ」が味になっているところですね。今回の展示作品は、すっきり整理されているものと、意図してノイズ的な「かすれ」を活かすような作品とがありますが、僕は後者にすごく惹かれます。それは感覚的なもので、理屈ではないのかもしれません。

田中恭吉『失題』 1914年 個人蔵
田中恭吉『失題』 1914年 個人蔵

浩美:最近はデジタルでもそうした「昔っぽさ」を出そうとすることもありますよね。あえて文字の並びをガタつかせたり、よごれを加える処理をしたり。

篤弘:それなら最初からアナログでいいじゃないかと思うけれど(笑)。でもそう考えると、彼らの木版画は、いまデジタルでグラフィックを扱う人たちにも、新鮮に映りそうです。版画ってインクのレイヤー(層)を重ねてできている。僕たちも版画をやっていたので、パソコンの描画ソフトを使い始めた当初、そこにレイヤー構造があることに懐かしさを感じました。その身体的な経験からくる面白さをデジタルでも表現できたら、新しい可能性が生まれそうです。

田中恭吉 版木『焦心』1914年 和歌山県立近代美術館蔵(10月12日までの展示)
田中恭吉 版木『焦心』1914年 和歌山県立近代美術館蔵(10月12日までの展示)

―アナログな手作り好きにも、デジタルネイティブの世代にも、それぞれ刺激や発見がありそうですね。

浩美:私家版では、目次まで木版で作っていますよね。自らの手で描き、版木を彫り、そして刷って……。私たちもそんな作り方から出発し、自ら開いた展覧会を観てくださった方がきっかけで最初の本が生まれ、今に至ります。最近はデジタル制作も増えましたが、やはり自分の手を動かし、糊やインクで手を汚しながら生み出すゆえの強さってあると思います。

篤弘:懐かしさとも違う、「何かを作るって本来こういうものだよね」という気持ちが自然と湧いてきました。その意味では、彼らの作品に驚くというより「安心」したのかな。もちろん刺激も受けましたが、心も手も、この感覚を忘れずにいたいな、と感じました。

Page 1
次へ

イベント情報

『月映』展

2015年9月19日(土)~11月3日(火・祝)
会場:東京都 丸の内 東京ステーションギャラリー
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(10月12日、11月2日は開館)、10月13日
料金:一般900円 高校・大学生700円
※障がい者手帳等持参の方は100円引き、その介添者1名は無料
※小・中学生は無料
※会期中一部展示替えあり

{詳細(複数ある場合もあります)}

プロフィール

クラフト・エヴィング商會(くらふと・えゔぃんぐしょうかい)

吉田篤弘(作家)、吉田浩美(装幀家)によるユニット。名称は稲垣足穂の文章中の「クラフト・エビング的な」という表現に由来する。2001年『稲垣足穂全集』『らくだこぶ書房21世紀古書目録』で『第32回講談社出版文化賞ブックデザイン賞』受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送