ニュース

生と性を描いた仏女性作家の伝記映画、ボーヴォワールとの交流も描く

実在の女性作家ヴィオレット・ルデュックの半生を描いた映画『ヴィオレット-ある作家の肖像-』が、12月19日から東京・神保町の岩波ホールほか全国で順次公開される。

1907年に私生児として生まれたヴィオレットは、『第二の性』などで知られる作家シモーヌ・ド・ボーヴォワールに才能を認められ、1946年に女性として初めて自分自身の生と性を赤裸々に描いたと言われる処女作『窒息』を出版。その後、『ボーヴォワールの女友達』『私生児』などの作品を発表した。

映画では、生涯にわたって続いたボーヴォワールとの関係をはじめ、アルベール・カミュをはじめとする小説家たちに絶賛された『窒息』が世間に認められず、精神的に傷ついたヴィオレットの姿、さらにパリからプロヴァンスへ移り住み、自らの集大成ともいえる新作『私生児』の執筆を開始する様子などが描かれる。また、ジャン=ポール・サルトル、ジャン・コクトー、ジャン・ジュネらが出入りする出版社ガリマールをはじめ、当時のフランス文学界が描写されている点も見どころとなる。

主演はエマニュエル・ドゥヴォス。鼻にコンプレックスを持っていたヴィオレットを演じるため、ドゥヴォスは付け鼻をつけて出演している。監督は、フランスの女流画家セラフィーヌ・ルイの生涯を描いた伝記映画『セラフィーヌの庭』で『セザール賞』最優秀作品賞に輝いたマルタン・プロヴォが務めている。

作品情報

『ヴィオレット-ある作家の肖像-』

2015年12月19日(土)から東京・神保町の岩波ホールほか全国順次公開
監督・脚本:マルタン・プロヴォ
出演:
エマニュエル・ドゥヴォス
サンドリーヌ・キベルラン
オリヴィエ・グルメ
ジャック・ボナフェ
オリヴィエ・ピィ
配給:ムヴィオラ

『ヴィオレット-ある作家の肖像-』 ©TS PRODUCTIONS - 2013
『ヴィオレット-ある作家の肖像-』 ©TS PRODUCTIONS - 2013
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催 1

    犯罪者たちの痕跡を展示『シリアルキラー展』明日からヴァニラ画廊で開催

  2. サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催 2

    サザエさん一家を等身大でリアルに再現 『サザエさん展 THE REAL』7月開催

  3. サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現 3

    サカナクション“忘れられないの”PV公開 80年代前半を研究&再現

  4. KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談 4

    KOHHとワンオクが歌う「見えない抑圧」 大谷ノブ彦×柴那典放談

  5. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 5

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  6. WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告 6

    WANIMAの全楽曲がサブスク配信、特別動画公開&渋谷駅にメッセージ広告

  7. ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編 7

    ムッソリーニが現代ローマに復活 映画『帰ってきたムッソリーニ』予告編

  8. 『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も 8

    『おっさんずラブ』全話一挙上映会が全国11劇場で開催、田中圭の舞台挨拶も

  9. スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売 9

    スピッツの魅力を再確認。『なつぞら』主題歌収録『優しいあの子』発売

  10. 小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌 10

    小栗旬×宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみ 映画『人間失格』予告&主題歌